ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

labelvolshow

ラベル付きボリュームの表示

説明

ラベル付きボリューム データを表示し、表示の外観を制御するプロパティを持つ labelvolshow オブジェクトを作成します。強度ボリュームをラベル付きボリュームに組み込み、両方のボリュームを同時に表示できます。

作成

説明

labelvolshow(L) は、Figure に 3 次元ラベル付きボリューム L を表示します。

labelvolshow(L,V) は、3 次元ラベル付きボリューム L と 3 次元強度ボリューム V を Figure に表示します。LV は同じサイズでなければなりません。

labelvolshow(___,Name,Value) は、ボリュームの可視化を制御する labelvolshow プロパティを設定する 1 つ以上の名前と値のペアを使用して、ボリュームを表示します。これらのプロパティの一覧については、プロパティを参照してください。各プロパティを一重引用符で囲みます。たとえば、'BackgroundColor' のようにします。

h = labelvolshow(___) は、ボリュームの可視化を制御するために使用できるプロパティを持つ labelvolshow オブジェクト h を返します。前のいずれかの構文の入力引数を使用します。

入力引数

すべて展開する

ラベル付きボリューム。3 次元数値配列 (m x n x p) として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | categorical

強度ボリューム。3 次元数値配列 (m x n x p) として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | 論理値

プロパティ

すべて展開する

背景の色。MATLAB® ColorSpec として指定します。強度は [0,1] の範囲でなければなりません。

カメラの位置または視点。[x y z] 形式の 3 要素ベクトルとして指定します。このベクトルは、カメラの位置の座標軸座標を定義します。その点を視点として座標軸が表示されます。カメラは "視点" 軸に沿った向きになります。視点軸はカメラの位置とカメラのターゲットを結ぶ直線です。CameraPosition プロパティを変更すると、ボリュームを表示する点が変化します。詳細については、カメラ グラフィックス用語 (MATLAB)を参照してください。ボリュームを対話形式で回転させると、このプロパティの値が変化します。

上方向を定義するベクトル。[x y z] 形式の 3 要素ベクトルとして指定します。既定では、labelvolshow は z 軸を上方向 ([0 0 1]) として定義します。詳細については、カメラ グラフィックス用語 (MATLAB)を参照してください。ボリュームを対話形式で回転させると、このプロパティの値が変化します。

カメラのターゲットとして使用する点。[x y z] 形式の 3 要素ベクトルとして指定します。カメラは "視点" 軸に沿った向きになります。視点軸はカメラの位置とカメラのターゲットを結ぶ直線です。詳細については、カメラ グラフィックス用語 (MATLAB)を参照してください。

視野。0 以上で 180 未満のスカラー角度として指定します。角度が大きいほど、視野が広くなります。また、角度が大きいほど、シーン内でオブジェクトが小さく表示されます。詳細については、カメラ グラフィックス用語 (MATLAB)を参照してください。

ボリュームの対話性。true (1) または false (0) として指定します。true (既定の設定) の場合、マウスのスクロール ホイールを使用してラベル付きボリュームを拡大および縮小したり、ボリュームをクリック アンド ドラッグして回転させたりできます。回転およびズームは CameraTarget で指定される値に関して実行されます。この値が false の場合、ボリュームに対する対話型の操作はできません。

ラベルの色。範囲 [0 1] の値を持つ numLabels 行 3 列の数値配列として指定します。numLabels はラベル付きボリューム内のラベルの数を表します。

ラベルの不透明度。範囲 [0 1] の値を持つ numLabels 行 1 列の数値ベクトルとして指定します。numLabels はラベル付きボリューム内のラベルの数を表します。複数のボリュームが一緒に組み込まれている場合、LabelOpacity はサポートされません。

このプロパティは読み取り専用です。

ラベル値のリスト。numLabels 行 1 列の数値配列として指定します。numLabels はラベル付きボリューム内のラベルの数を表します。

ラベルの可視性。numLabels 行 1 列の logical マスクとして指定します。numLabels はラベル付きボリューム内のラベルの数を表します。

labelvolshow オブジェクトの親。uipanel または figure のハンドルとして指定します。親を指定しない場合、labelvolshow オブジェクトの親は gcf です。

ボリュームを再スケーリングするために使用する倍率。1 行 3 列の正の数値ベクトルとして指定します。配列内の値は、x、y、および z 方向に適用される倍率に対応します。

強度ボリュームの表示。true (1) または false (0) として指定します。値が true の場合、関数はラベル付きボリュームと強度ボリュームの両方を表示します。値が false の場合、関数はラベル付きボリュームのみを表示します。labelvolshow オブジェクトがラベル付きボリュームと強度ボリュームの両方を含んでいる場合、既定の設定は true です。このオブジェクトがラベル付きボリュームのみを含んでいる場合、既定の設定は false です。

ボリュームの不透明度。範囲が [0 1] のスカラーとして指定します。ラベル付きボリュームと強度ボリュームの両方が一緒に組み込まれている場合、この値はボリューム データの不透明度を定義します。VolumeThreshold の値を上回るすべての組み込みボリューム強度に対して、不透明度は VolumeOpacity です。

ボリューム強度のしきい値。範囲 [0 1] の正規化された数値スカラーとして指定します。このしきい値を下回るすべてのボリューム強度に対して、不透明度は 0 です。

オブジェクト関数

setVolume新しい labelvolshow オブジェクトの設定

すべて折りたたむ

合成ボリュームを作成し、値を分類してラベル付きボリュームを作成します。

vol = rand(100,100,3);
labeledVol = discretize(vol,[0 .25 .75 1],'categorical',...
    {'small','medium','large'});

ラベル付きボリュームと強度ボリュームを表示します。

h = labelvolshow(labeledVol,vol);

強度ボリュームを非表示にします。

h.ShowIntensityVolume = false;

合成ボリュームを作成し、値を分類してラベル付きボリュームを作成します。

vol = rand(100,100,3);
labeledVol = discretize(vol,[0 .25 .75 1],'categorical',...
    {'small','medium','large'});

ラベル付きボリュームを表示します。

h = labelvolshow(labeledVol,vol);

色と不透明度を変更します。

h.LabelColor(end,:) = [1 1 0];
h.LabelOpacity(2) = 0.1;

R2019a で導入