ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

labeloverlay

2 次元イメージ上のラベル行列領域の重ね合わせ

構文

B = labeloverlay(A,L)
B = labeloverlay(A,BW)
B = labeloverlay(A,C)
B = labeloverlay(___,Name,Value)

説明

B = labeloverlay(A,L) は、入力イメージ A を、ラベル行列 L 内のラベルごとに異なる色で融合します。

B = labeloverlay(A,BW) は、入力イメージに対して、マスク BW が true となる場所を 1 つの色で融合します。

B = labeloverlay(A,C) は、入力イメージを、カテゴリカル行列 C 内のラベルごとに異なる色で融合します。

B = labeloverlay(___,Name,Value) は、計算の特性を制御する Name,Value のペアを使用して、融合オーバーレイ イメージ B を計算します。

すべて折りたたむ

イメージを読み取り、スーパーピクセルを使用してイメージをセグメント化します。

A = imread('kobi.png');
[L,N] = superpixels(A,20);

セグメンテーションの結果を元のイメージと融合します。融合したイメージを表示します。

B = labeloverlay(A,L);
imshow(B)

グレースケール イメージを読み取り、それを表示します。

A = imread('coins.png');
imshow(A)

バイナリしきい値処理を使用してマスクを作成します。

t = graythresh(A);
BW = imbinarize(A,t);
imshow(BW)

マスクを元のイメージと融合します。融合したイメージを表示します。

B = labeloverlay(A,BW);
imshow(B)

グレースケール イメージを読み取り、バイナリしきい値処理を使用してマスクを作成します。

A = imread('coins.png');
t = graythresh(A);
BW = imbinarize(A,t);

イメージの内容に基づいてカテゴリカル ラベルを作成します。

stringArray = repmat("table",size(BW));
stringArray(BW) = "coin";
categoricalSegmentation = categorical(stringArray);

カテゴリカル セグメンテーションを元のイメージと融合します。融合したイメージを表示します。

B = labeloverlay(A,categoricalSegmentation);
imshow(B)

元のイメージを、カテゴリカル セグメンテーションの 1 つのラベルのみと融合します。カラーマップを変更してラベルをより不透明にし、結果を表示します。

C = labeloverlay(A,categoricalSegmentation,'IncludedLabels',"coin",...
    'Colormap','autumn','Transparency',0.25);
imshow(C)

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージ。2 次元グレースケールまたはカラー イメージとして指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | uint8 | uint16

ラベル。数値行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32

マスク。logical 行列として指定します。

データ型: logical

カテゴリ ラベル。categorical 行列として指定します。

データ型: カテゴリカル

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value 引数のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: labeloverlay(myImage,myLabels,'Colormap','hot') は、'hot' カラーマップの色を使用してラベルを表示します。

カラーマップ。'Colormap' と次の値のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

  • l 行 3 列のカラーマップ。カラーマップの各行の RGB 3 成分は [0, 1] の範囲に正規化する必要があります。l は、ラベル行列 L、バイナリ マスク BW、またはカテゴリカル行列 C のラベルの数です。

  • 関数 colormap に対する有効な入力の 1 つに対応する string または文字ベクトル。labeloverlay は、隣接ラベルがより明確に区別されるように、指定されたカラーマップを置換します。

例: [0.2, 0.1, 0.5; 0.1, 0.5, 0.8]

例: 'hot'

データ型: single | double | char | string

融合したイメージ内に表示するラベル。'IncludedLabels' と次のいずれかから構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

  • 範囲 [1, max(L(:))] の整数、整数のベクトル。

  • string、または string のベクトル。カテゴリカル行列 C のラベルに対応します。

既定では、すべてのラベルが表示されます。

例: [1,3,4]

例: ["flower","stem"]

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | string

表示されるラベルの透明度。'Transparency' と範囲 [0, 1] の数値から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

  • 0 の値を指定すると、カラー ラベルは完全に不透明になります。

  • 1 の値を指定すると、カラー ラベルは完全に透明になります。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

融合したイメージ。A と同じサイズの数値行列として返されます。

データ型: uint8

R2017b で導入