ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iptsetpref

Image Processing Toolbox の設定または有効値の表示

構文

iptsetpref(prefname)
iptsetpref(prefname,value)

説明

iptsetpref(prefname) は、prefname で指定されている Image Processing Toolbox™ の設定で有効な値を表示します。

iptsetpref(prefname,value) は、prefname で指定された Image Processing Toolbox の設定を、value で指定された値に設定します。設定は、変更されるまで有効です。また、Image Processing の設定ダイアログ ボックスを使用して設定することもできます。ダイアログ ボックスにアクセスするには、MATLAB® デスクトップの [ファイル] メニューから [設定] を選択します。使用可能な設定の詳細は、「iptprefs」を参照してください。

iptsetpref('ImshowBorder','tight')

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?