ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iptsetpref

Image Processing Toolbox の設定または有効値の表示

構文

iptsetpref(prefname)
iptsetpref(prefname,prefvalue)

説明

iptsetpref(prefname) は、prefname で指定されている Image Processing Toolbox™ の設定で有効な値を表示します。

iptsetpref(prefname,prefvalue) は、prefname で指定された Image Processing Toolbox の設定を、prefvalue で指定された値に設定します。設定は、変更されるまで有効です。

また、Image Processing Toolbox の [設定] ダイアログ ボックスを使用して設定することもできます。ダイアログ ボックスにアクセスするには、MATLAB® デスクトップの [ホーム] タブで [設定] をクリックするか、関数 iptprefs を呼び出します。

すべて折りたたむ

iptsetpref('ImshowBorder','tight')

入力引数

すべて折りたたむ

Image Processing Toolbox 設定の名前。以下のいずれかの文字ベクトルとして指定します。

次の表は、使用可能な設定およびその構文を示します。設定の名前は大文字小文字を区別せず、省略形を使用することができます。既定値は中かっこ ({}) で囲んで示してあります。

Image Processing Toolbox の設定

設定の名前

説明

'ImshowAxesVisible'

imshow が座標軸のボックスと目盛りラベルを付けてイメージを表示するかどうかを制御します。取りうる値は以下のとおりです。

'on' — 座標軸のボックスと目盛りラベルを含む。

{'off'} — 座標軸のボックスと目盛りラベルを含まない。

'ImshowBorder'

imshow が、Figure ウィンドウ内でイメージの周りに境界を含ませるかどうかを制御します。取りうる値は以下のとおりです。

{'loose'} — Figure ウィンドウのエッジとイメージの間に境界を含めます。そして、座標軸のラベル、タイトルなどを除去します。

'tight' — Figure 全体にイメージが入るように Figure のサイズを調整します。

メモ

image が非常に小さい、または figure 内の image と axes 以外に他のオブジェクトが存在する場合、figure の境界が残ることがあります。

imshow を呼び出すときに、パラメーター 'Border' を指定することで、この設定をオーバーライドすることができます。

'ImshowInitialMagnification'

imshow で表示されたイメージの初期倍率を制御します。取りうる値は以下のとおりです。

任意の数値 — imshow は、パーセンテージで数値を解釈します。既定値は 100 です。100% の倍率は、すべてのイメージ ピクセルに対して 1 つのスクリーン ピクセルがあることを意味します。

'fit' — ウィンドウ全体に適合するようにイメージをスケーリングします。

imshow を呼び出すときに、パラメーター 'InitialMagnification' を指定することで、またはイメージを表示した後に手動で関数 truesize を呼び出すことで、この設定をオーバーライドすることができます。

'ImtoolInitialMagnification'

imtool で表示されたイメージの初期倍率を制御します。取りうる値は以下のとおりです。

{'adaptive'} — イメージ全体を表示します。イメージを画面上で 100% で表示するには大きすぎる場合、画面上に適合する最も大きい倍率でイメージを表示します。これは既定の設定です。

任意の数値 — パーセンテージで倍率を指定します。100% の倍率は、すべてのイメージ ピクセルに対して 1 つのスクリーン ピクセルがあることを意味します。

'fit' — ウィンドウ全体に適合するようにイメージをスケーリングします。

imtool を呼び出すときに、パラメーター 'InitialMagnification' を指定することで、この設定をオーバーライドすることができます。

'ImtoolStartWithOverview'

イメージ ツール (imtool) を使用してイメージを開く場合に、自動的に概要ツールを開くかどうかを制御します。取りうる値は以下のとおりです。

true— イメージを開くときに概要ツールを開く。

{false}— イメージを開くときに概要ツールを開かない。これは既定の動作です。

'VolumeViewerUseHardware'

volumeViewer アプリでローカル グラフィックス ハードウェアの OpenGL シェーダーを使用して、ボリューム レンダリングを最適化するかどうかを制御します。取りうる値は以下のとおりです。

{true} — ハードウェア最適化を有効にします。

false — ハードウェア最適化を無効にします。

メモ: この設定を false にすると、副次的な影響として、特定の機能がアプリから削除され、レンダリングのパフォーマンスが大幅に低下します。この設定は、グラフィックス ドライバーの問題を解決するテクニカル サポート シナリオに限り、false に設定してください。

'UseIPPL'

一部のツールボックス関数でハードウェア最適化を使用するかどうかを制御します。取りうる値は以下のとおりです。

{{true} — ハードウェア最適化を有効にします

false — ハードウェア最適化を無効にします

メモ: この設定値を設定すると、読み込まれたすべての MEX ファイルがクリアされます。

データ型: char

Image Processing Toolbox 設定に割り当てる値。prefname の表にリストされる値のいずれかとして指定します。

例: iptsetpref('ImshowBorder','tight')

データ型: char

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?