Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

imgca

イメージを含む現在の座標軸を取得

説明

ax = imgca は、イメージを含む現在の座標軸を返します。現在の座標軸は、正規の Figure ウィンドウまたはイメージ ツールのウィンドウ内にあります。イメージを含む現在の座標軸が、最後にアクセスした座標軸と同じでない場合があることに注意してください。

image を含む axes を含む figure がない場合、imgca は新規 axes を作成します。

ax = imgca(fig) は、指定した Figure のイメージを含む現在の座標軸を返します。

すべて折りたたむ

グレースケール イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('coins.png');
imshow(I)

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type image.

イメージをバイナリ イメージに変換します。

bw = imbinarize(I);
imshow(bw)

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type image.

バイナリ オブジェクトの穴を塗りつぶし、オブジェクトの重心を計算します。

bw2 = imfill(bw,'holes');
s = regionprops(bw2, 'centroid');
centroids = cat(1,s.Centroid);

同じ Figure ウィンドウ内に元のイメージと重心のプロットを表示します。現在の座標軸には、表示されたイメージではなく重心のプロットが含まれていることに注意してください。

subplot(1,2,1)
imshow(I)
subplot(1,2,2)
plot(centroids(:,1),centroids(:,2),'*')
axis image

Figure contains 2 axes objects. Axes object 1 contains an object of type line. Axes object 2 contains an object of type image.

y 軸の方向がイメージとは逆です。イメージと重心のプロットを同等に比較するために、プロットの y 軸の方向を反転させます。重心のプロットを含む最新の座標軸を取得するために、関数 gca を使用します。

h = gca;
h.YDir = 'reverse';

imgca を使用して、イメージを含む最新の座標軸を取得します。この座標軸は最新の座標軸でないことに注意してください。赤いアスタリスクの重心をイメージに重ね合わせます。

hIm = imgca;
hold(hIm,'on')
plot(hIm,centroids(:,1),centroids(:,2),'r*')
hold(hIm,'off')

Figure contains 2 axes objects. Axes object 1 contains an object of type line. Axes object 2 contains 2 objects of type image, line.

入力引数

すべて折りたたむ

Figure。figure オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

イメージを含む現在の座標軸。axes オブジェクトとして返されます。

ヒント

  • imgca は、イメージ ツールの axes オブジェクトを出力するのに役立ちます。この axes は gca では取得できません。

バージョン履歴

R2006a より前に導入

参考

| | |