Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

imhandles

すべての Image オブジェクトを取得

説明

himage = imhandles(hparent) は、先祖が hparent である image オブジェクトをすべて返します。imhandles は、image オブジェクトの Figure がそれらの親と同じでない場合、エラーを返します。imhandles はカラー バーを無視します。

すべて折りたたむ

イメージを表示します。

imshow('kobi.png')

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type image.

現在の座標軸の image オブジェクトを返します。

imageobj = imhandles(gca)
imageobj = 
  Image with properties:

           CData: [1224x1632x3 uint8]
    CDataMapping: 'direct'

  Show all properties

同じ Figure に 2 つのイメージを表示し、imhandles を使用して、Figure の両方の image オブジェクトを取得します。

figure
subplot(1,2,1)
imshow('kobi.png')
subplot(1,2,2)
imshow('sherlock.jpg')

Figure contains 2 axes objects. Axes object 1 contains an object of type image. Axes object 2 contains an object of type image.

imageobjs = imhandles(gcf)
imageobjs = 
  2x1 Image array:

  Image
  Image

imageobjs 配列の最初のイメージを検査します。

imageobjs(1)
ans = 
  Image with properties:

           CData: [640x960x3 uint8]
    CDataMapping: 'direct'

  Show all properties

入力引数

すべて折りたたむ

親のグラフィックス オブジェクト。figure、axes、uipanel、または image グラフィックス オブジェクトのハンドルとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

先祖が hparent である image オブジェクト。イメージまたはイメージの配列として返されます。

バージョン履歴

R2006a より前に導入

参考

|