最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージの領域分割

領域の絞り込みによるイメージのセグメント化

説明

イメージの領域分割アプリでは、塗りつぶしなどの自動アルゴリズム、グラフ カットなどの半自動の手法、および ROI の描画などの手動の手法を使用して、セグメンテーション マスクを作成できます。モルフォロジーや、動的輪郭 ("snakes" とも呼ばれる) などの反復的な方法を使用して、マスクを調整することもできます。セグメンテーション マスクの作成、調整、およびエクスポートの詳細については、イメージの領域分割アプリ入門を参照してください。

イメージの領域分割 アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブを開き、[イメージ処理とコンピューター ビジョン] の下にある [イメージの領域分割] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: imageSegmenter と入力します。

プログラムによる使用

すべて展開する

imageSegmenter は、イメージの領域分割アプリを開きます。このアプリでは、動的輪郭を使用してイメージをセグメンテーションし、マスクを作成することができます。

imageSegmenter(I) は、イメージの領域分割アプリを開き、イメージ I を読み込みます。

imageSegmenter close は、イメージの領域分割アプリの開いているすべてのインスタンスを閉じます。

R2014b で導入