Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージの領域分割でのモルフォロジーを使用したセグメンテーションの調整

この例では、イメージの領域分割アプリの機能を使用して、このアプリで作成したマスク イメージの外観を滑らかにする方法を説明します。イメージの領域分割アプリには、マスク イメージの小さな欠陥を修正するために使用できる、いくつかのモルフォロジー演算が含まれています。

この例では、手描きの ROI および動的輪郭を使用してマスク イメージを作成します (イメージの領域分割で動的輪郭を使用したイメージのセグメント化を参照してください)。

イメージの領域分割でのイメージの読み込み

イメージの領域分割アプリを開き、セグメント化するイメージを読み込みます。イメージの領域分割は、imread で読み取り可能なファイルであれば開くことができます。

この例では、まずイメージをワークスペースに読み取ります。この例では、膝の MRI 画像を使用します。目標は、イメージ内の軟組織から骨をセグメント化するマスク イメージを作成することです。

I = dicomread('knee1');
knee = mat2gray(I);

MATLAB® ツールストリップから、イメージの領域分割アプリを開きます。[アプリ] タブの [イメージ処理とコンピューター ビジョン] セクションで [イメージの領域分割] をクリックします。

アプリのツールストリップで、[読み込み] をクリックしてから、[ワークスペースからのイメージの読み込み] を選択します。[ワークスペースからインポート] ダイアログ ボックスで、ワークスペースに読み取ったイメージを選択します。イメージの領域分割アプリに、選択したイメージが表示されます。

次のように imageSegmenter コマンドを使用して、イメージの領域分割アプリでイメージを開くこともできます。

imageSegmenter(knee);

イメージを読み込んだ後は、オプションで既存のバイナリ マスクを読み込むことができます。たとえば、ROI を描画してマスクを過去に作成してある場合があります。既存のマスクを読み込むには、[マスクの読み込み] をクリックします。セグメンテーション マスク イメージは、セグメンテーションを行うイメージと同じサイズの論理イメージにしなければなりません。

マスク イメージの作成

ROI 描画ツールを使用して、イメージの大まかなセグメンテーションを作成します。動的輪郭を使用してセグメンテーションを終了します。このプロセスの詳細は、イメージの領域分割で動的輪郭を使用したイメージのセグメント化を参照してください。

セグメンテーションの終了後、[セグメンテーション] タブで [バイナリの表示] をクリックし、マスク イメージを表示します。詳しく調べると、マスク イメージに小さい穴がいくつかあることが分かります。

イメージの領域分割には、バイナリ マスクを調整するためのモルフォロジー ツールが含まれています。アプリのツールストリップの [マスクの調整] セクションを展開して [穴の塗りつぶし] をクリックします。

これにより、バイナリ マスクの穴が削除されます。

バイナリ マスクを保存するには、[エクスポート] をクリックして [イメージのエクスポート] を選択します。

参考

関連するトピック