Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージの領域分割を使用した領域描画によるイメージのセグメント化

この例では、イメージの領域分割アプリで関心領域を描くことで、イメージをセグメント化する方法を説明します。イメージの領域分割アプリでは、多角形、四角形、楕円、円など、さまざまな ROI 形状を提供しています。また、フリーハンド図形や、イメージ内のオブジェクトの基本形状に従うことで補助するフリーハンド図形を描画することができます。

イメージの領域分割アプリは、複数種類のセグメンテーション手法を提供しています。また、このアプリの使用は反復して実行することができます。目的の結果が得られるまで異なるメソッドをいくつか試すことができます。

イメージの領域分割でのイメージの読み込み

イメージの領域分割アプリを開き、セグメント化するイメージを読み込みます。このアプリは、imread で読み取り可能なファイルであれば開くことができます。

この例では、イメージをワークスペースに読み取ります。この例では、膝の MRI 画像を使用します。目標は、イメージ内の軟組織から骨をセグメント化するマスク イメージを作成することです。

I = dicomread('knee1');
knee = mat2gray(I);

MATLAB® ツールストリップから イメージの領域分割アプリを開きます。[アプリ] タブの [イメージ処理とコンピューター ビジョン] セクションで [イメージの領域分割] をクリックします。

アプリのツールストリップで、[読み込み] をクリックしてから、[ワークスペースからのイメージの読み込み] を選択します。[ワークスペースからインポート] ダイアログ ボックスで、ワークスペースに読み取ったイメージを選択します。イメージの領域分割アプリに、選択したイメージが表示されます。

次のように imageSegmenter コマンドを使用して、イメージの領域分割アプリでイメージを開くこともできます。

imageSegmenter(knee);

アプリにイメージを読み込んだ後は、オプションで既存のバイナリ マスクを読み込むことができます。たとえば、色のしきい値アプリで RGB イメージのマスクを過去に作成しており、このセグメンテーションを調整したいとします。既存のマスクを読み込むには、[マスクの読み込み] をクリックします。セグメンテーション マスク イメージは、セグメンテーションを行うイメージと同じサイズの論理イメージにしなければなりません。

ROI ツールを使用した領域描画によるセグメンテーション

[マスクに追加] グループを展開して、[ROI の描画] をクリックします。[ROI] タブが開きます。

描画する ROI のタイプを選択します。この例では、[補助付きフリーハンド] を選択します。イメージの上にカーソルを移動すると、カーソルが十字の形状に変わります。マウス ボタンを押して、セグメント化するイメージの領域の上でフリーハンド図形の描画を開始します。あらかじめ選択されている補助付きフリーハンド ROI オプションを使用すると、基になるイメージのエッジに自動的に従ってフリーハンド形状を描画できるので、より正確な ROI を描画するのに役立ちます。描画中に、マウスをクリックして中間点を作成します。中間点は、描画の終了後に形状を微調整する際に役立ちます。描画の終了後に中間点を追加するには、ROI のエッジをダブルクリックします。

セグメント化する領域がすべて特定されるまで形状の描画を続けます。描画した領域を保存するには、[適用] をクリックします (領域の色が黄色に変わります)。[セグメンテーション] タブに戻るには、[ROI を閉じる] をクリックします。

マスク イメージを表示するには、[セグメンテーション] タブで [バイナリの表示] をクリックします。マスク イメージを調整するには、イメージの領域分割アプリのツールストリップの [マスクの調整] セクションで、[境界のクリア] または [穴の塗りつぶし] などのツールを使用します。終了後、[エクスポート] をクリックしてマスク イメージをワークスペースに保存します。

参考

関連するトピック