ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

im2uint8

イメージを 8 ビットの符号なし整数に変換

構文

J = im2uint8(I)
J = im2uint8(I,'indexed')

説明

J = im2uint8(I) は、必要に応じてデータを再スケーリングまたはオフセットし、グレースケール、RGB またはバイナリ イメージ Iuint8 に変換します。

入力イメージが uint8 クラスの場合、出力イメージも同じクラスになります。入力イメージが logical クラスの場合、im2uint8 は true 値の要素を 255 に変更します。

オプションで、変換を GPU を使用して実行できます (Parallel Computing Toolbox™ が必要)。詳細は、GPU での画像処理を参照

J = im2uint8(I,'indexed') は、必要に応じてデータをオフセットし、インデックス付きイメージ Iuint8 に変換します。

すべて折りたたむ

uint16 クラスの配列を作成します。

I = reshape(uint16(linspace(0,65535,25)),[5 5])
I = 5x5 uint16 matrix

       0   13653   27306   40959   54613
    2731   16384   30037   43690   57343
    5461   19114   32768   46421   60074
    8192   21845   35498   49151   62804
   10923   24576   38229   51882   65535

配列を uint8 クラスに変換します。

I2 = im2uint8(I)
I2 = 5x5 uint8 matrix

     0    53   106   159   213
    11    64   117   170   223
    21    74   128   181   234
    32    85   138   191   244
    43    96   149   202   255

uint16 クラスの配列を作成します。

I1 = gpuArray(reshape(uint16(linspace(0,65535,25)),[5 5]))

配列を uint8 に変換します。

I2 = im2uint8(I1);

入力引数

すべて折りたたむ

入力イメージ。任意のサイズおよび次元の数値配列または logical 配列として指定します。

  • I がグレースケール イメージまたは RGB イメージの場合は、uint8uint16doublelogicalsingle または int16 のいずれかになります。

  • I がインデックス付きイメージの場合は、uint8uint16double または logical のいずれかになります。

    メモ

    インデックス付きイメージを uint8 に必ず変換できるとは限りません。インデックス付きイメージが double クラスの場合、最大値は 256 以下でなければなりません。インデックス付きイメージが uint16 クラスの場合、最大値は 255 以下でなければなりません。

  • I がバイナリ イメージの場合は、logical でなければなりません。

GPU を使用して変換を実行するには、I を任意のサイズおよび次元の数値配列または logical 配列を含む gpuArray として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16 | logical

出力引数

すべて折りたたむ

クラス uint8 のイメージ。I と同じサイズと次元の数値配列として返されます。

GPU を使用して変換を実行する場合、J は数値配列を含む gpuArray として返されます。

データ型: uint8

拡張機能

R2006a より前に導入