ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

im2bw

しきい値に基づき、イメージをバイナリ イメージに変換

関数 im2bw は推奨されません。代わりに imbinarize を使用してください。

構文

BW = im2bw(I,level)
BW = im2bw(X,cmap,level)
BW = im2bw(RGB,level)

説明

BW = im2bw(I,level) は、入力イメージで輝度が level を超えるすべてのピクセルを値 1 (白色) で置き換え、他のすべてのピクセルを値 0 (黒色) で置き換えることで、グレースケール イメージ I をバイナリ イメージ BW に変換します。

この範囲はイメージのクラスに可能な信号レベルに比例します。したがって、level 値の 0.5 は、クラスの最小値と最大値の中間の強度値に対応します。

BW = im2bw(X,cmap,level) は、インデックス付きイメージ X とカラーマップ cmap をバイナリ イメージに変換します。

BW = im2bw(RGB,level) は、トゥルーカラー イメージ RGB をバイナリ イメージに変換します。

すべて折りたたむ

load trees
BW = im2bw(X,map,0.4);
imshow(X,map), figure, imshow(BW)

入力引数

すべて折りたたむ

2 次元グレースケール イメージ。m 行 n 列の数値行列を指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

2 次元のインデックス付きイメージ。m 行 n 列の数値行列として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

インデックス付きイメージ X と関連付けられたカラーマップ。c カラーの RGB 値を含む c 行 3 列の数値行列として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

2 次元の RGB イメージ。m x n x 3 の数値行列として指定します。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

輝度のしきい値。[0, 1] の範囲の数値として指定します。level を計算するには、関数 graythresh を使用することができます。

データ型: single | double | int16 | uint8 | uint16

出力引数

すべて折りたたむ

バイナリ イメージ。m 行 n 列の logical 行列として返されます。

データ型: logical

アルゴリズム

入力イメージがグレースケール イメージでない場合、im2bw は、ind2gray または rgb2gray を使用して入力イメージをグレースケール イメージに変換し、このグレースケール イメージをしきい値を使用してバイナリに変換します。

R2006a より前に導入