Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

measureIlluminant

Imatest eSFR チャートを使用したシーンの光源の測定

説明

illuminant = measureIlluminant(chart) は、Imatest® 拡張 eSFR チャート [1] のグレーの関心領域 (ROI) を使用してシーンの光源を測定します。

すべて折りたたむ

この例では、グレー パッチ ROI を使用して eSFR チャートの光源を測定する方法を示します。その後、eSFR チャートのイメージのホワイト バランスを調整します。

eSFR チャートのイメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('eSFRTestImage.jpg');

esfrChart オブジェクトを作成します。チャートを表示し、20 個のグレー パッチを強調表示します。

chart = esfrChart(I);
displayChart(chart,'displayEdgeROIs',false, ...
    'displayColorROIs',false,'displayRegistrationPoints',false)

グレー パッチ ROI を使用して光源を推定します。光源には、赤と緑の成分より強い青の成分が含まれています。この結果は、青みがかった色調のテスト チャートのイメージと一致します。

illum = measureIlluminant(chart)
illum = 1×3

  110.9147  116.0008  123.2339

チャート イメージのホワイト バランスを調整し、結果を表示します。ホワイト バランス済みイメージは、特に中間のグレー パッチやイメージの背景上で青みがかった色調が少なくなります。

J = chromadapt(I,illum);
imshow(J)
title('White Balanced Test Chart Image')

推定された光源を使用して、同様のライティング条件下で取得された他のイメージのホワイト バランスを調整できます。

入力引数

すべて折りたたむ

eSFR チャート。esfrChart オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

シーンの光源。3 要素の行ベクトルとして返されます。

データ型: double

ヒント

  • イメージのホワイト バランスを調整するには、関数 chromadapt を使用します。

参照

R2017b で導入