Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

displayChart

重ね合わせた関心領域を含む Imatest eSFR チャートの表示

説明

displayChart(chart) は、傾斜したエッジ、グレー パッチ、およびカラー パッチの ROI を示す重ね合わせた長方形の Imatest® Extended eSFR チャートを表示します [1]

displayChart(chart,Name,Value) は、チャート表示の特性を制御するための追加パラメーターを使用して eSFR チャートを表示します。

すべて折りたたむ

eSFR チャートのイメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('eSFRTestImage.jpg');

テスト チャートに関する情報を格納する esfrChart オブジェクトを作成します。

chart = esfrChart(I);

カラー パッチ ROI のみを表示します。これを実現するには、傾斜エッジ ROI、グレー パッチ ROI、およびレジストレーション ポイントの表示をオフにします。

displayChart(chart,'displayEdgeROIs',false,'displayGrayROIs',false,'displayRegistrationPoints',false);

入力引数

すべて折りたたむ

eSFR チャート。esfrChart オブジェクトとして指定します。

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: displayChart(myChart,'displayEdgeROIs',false) は、傾斜したエッジ ROI のオーバーレイをオフにします。

傾斜したエッジ ROI の表示。'displayEdgeROIs'true または false から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。displayEdgeROIstrue の場合、60 個の傾斜したエッジの境界ボックスがイメージに薄い黄色で重ね合わせられます。

データ型: logical

グレー パッチ ROI の表示。'displayGrayROIs'true または false から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。displayGrayROIstrue の場合、20 個のグレー パッチの境界ボックスがイメージに青色で重ね合わせられます。

データ型: logical

カラー パッチ ROI の表示。'displayColorROIs'true または false から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。displayColorROIstrue の場合、16 個のカラー パッチの境界ボックスがイメージに濃い黄色で重ね合わせられます。

データ型: logical

レジストレーション ポイントの表示。'displayRegistrationPoints'true または false から構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。displayRegistrationPointstrue の場合、4 つのレジストレーション ポイントは赤色の菱形のオーバーレイで表されます。

データ型: logical

表示されたイメージ オブジェクトの axes ハンドル。'Parent' と axes ハンドルとから構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。ParentdisplayChart が作成したイメージ オブジェクトの親を指定します。

参照

R2017b で導入