Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

displayChart

重ね合わせた関心領域を含むテスト チャートの表示

説明

displayChart(chart) は Imatest® eSFR チャート [1] または X-Rite® ColorChecker® Classic チャート [2] を、チャートの検出された特徴に ROI を重ね合わせて表示します。

displayChart(chart,Name,Value) は、名前と値の引数を使用してチャート表示の特性を制御します。

すべて折りたたむ

eSFR チャートのイメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('eSFRTestImage.jpg');

テスト チャートに関する情報を格納する esfrChart オブジェクトを作成します。

chart = esfrChart(I);

カラー パッチ ROI のみを表示します。これを実現するには、傾斜エッジ ROI、グレー パッチ ROI、およびレジストレーション ポイントの表示をオフにします。

displayChart(chart,'displayEdgeROIs',false,'displayGrayROIs',false,'displayRegistrationPoints',false);

Figure eSFR test chart contains an axes. The axes contains 17 objects of type image, text.

X-Rite® ColorChecker® チャートのイメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('colorCheckerTestImage.jpg');

イメージ上で自動チャート検出を行い、colorChecker オブジェクトを作成します。

chart = colorChecker(I);

検出されたコーナーのレジストレーション ポイントのみを含むチャートを表示します。カラー パッチ ROI の表示をオフにします。

displayChart(chart,'displayColorROIs',false)

Figure Color checker test chart contains an axes. The axes contains an object of type image.

入力引数

すべて折りたたむ

テスト チャート。esfrChart オブジェクトまたは colorChecker オブジェクトとして指定します。

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: 'displayRegistrationPoints',false は、チャートでのレジストレーション ポイントのオーバーレイをオフにします。

傾斜したエッジ ROI の表示。'displayEdgeROIs'数値または logical 1 (true) または 0 (false) で構成されるコンマ区切りペアとして指定します。displayEdgeROIstrue の場合、60 個の傾斜したエッジの境界ボックスがイメージに薄い黄色で重ね合わせられます。

この引数は eSFR テスト チャートのみでサポートされます。

グレー パッチ ROI の表示。'displayGrayROIs'数値または logical 1 (true) または 0 (false) で構成されるコンマ区切りペアとして指定します。displayGrayROIstrue の場合、20 個のグレー パッチの境界ボックスがイメージに青色で重ね合わせられます。

この引数は eSFR テスト チャートのみでサポートされます。

カラー パッチ ROI の表示。'displayColorROIs'数値または logical 1 (true) または 0 (false) で構成されるコンマ区切りペアとして指定します。displayColorROIstrue の場合、16 個のカラー パッチの境界ボックスがイメージに濃い黄色で重ね合わせられます。

レジストレーション ポイントの表示。'displayRegistrationPoints'数値または logical 1 (true) または 0 (false) で構成されるコンマ区切りペアとして指定します。displayRegistrationPointstrue の場合、4 つのレジストレーション ポイントは赤色の菱形のオーバーレイで表されます。

表示されたイメージ オブジェクトの axes ハンドル。'Parent' と axes ハンドルとから構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。ParentdisplayChart が作成したイメージ オブジェクトの親を指定します。

参照

[2] X-Rite Photo and Video. "ColorChecker Classic". https://xritephoto.com/colorchecker-classic

R2017b で導入