Main Content

コントロール ポイントのワークスペースへのエクスポート

コントロール ポイントを指定してからは、ワークスペースにこれらを保存して、イメージ レジストレーションの次の手順となる fitgeotform2d による処理で利用できるようにしなければなりません。

コントロール ポイントをワークスペースに保存するには、コントロール ポイント選択ツールのメニュー バーで [ファイル] を選択し、次に [ワークスペースにポイントをエクスポート] オプションを選択します。コントロール ポイント選択ツールに次のダイアログ ボックスが表示されます。

既定の設定では、コントロール ポイント選択ツールは有効なコントロール ポイントの座標を保存します。これは、コントロール ポイント選択ツールが、配列 movingPoints や配列 fixedPoints に一致していないポイントと予測したポイントを含んでいないためです。配列は、n 行 2 列になります。ここで、n は、選択された正しいコントロール ポイント ペアの数です。2 つの列は、それぞれイメージの固有座標系におけるコントロール ポイントの x 座標と y 座標を表します。

この例では、4 つの正しいコントロール ポイント ペアを含む配列 movingPoints を示します。

movingPoints =

  215.6667  262.3333
  225.7778  311.3333
  156.5556  340.1111
  270.8889  368.8889

コントロール ポイント選択ツールの現在の状態 (組になっていないコントロール ポイントや予測したコントロール ポイントを含む) を保存するには、[すべてのポイントをもつ構造体] チェック ボックスをオンにします。

このオプションは、すべてのコントロール ポイントの位置と現在の状態を構造体 cpstruct に保存します。

cpstruct = 

         inputPoints: [4x2 double]
          basePoints: [4x2 double]
      inputBasePairs: [4x2 double]
                 ids: [4x1 double]
        inputIdPairs: [4x2 double]
         baseIdPairs: [4x2 double]
    isInputPredicted: [4x1 double]
     isBasePredicted: [4x1 double]

cpstruct を使用して、前回中止した時点からコントロール ポイントの選択セッションを再起動できます。このオプションは、長時間で多くのポイントを選択する場合や、処理を再開する場合に一致していないポイント、および予測ポイントを保存する場合に役立ちます。

関数 cpstruct から正しいコントロール ポイント座標の配列を抽出する場合は、関数 cpstruct2pairs を使用してください。

また、コントロール ポイント選択ツールでは、ツールの終了時にコントロール ポイントを保存するかどうかをたずねるメッセージが表示されます。

参考

| |

関連するトピック