Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クロック イネーブルとリセットの RTL 記述ルール

これらのパラメーターは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][グローバル設定] ペインの [コーディング標準] タブにある [RTL 記述ルール] セクションに属しています。これらのパラメーターを使用してクロック イネーブルの RTL 記述ルールをカスタマイズし、業界標準のガイドラインで指定される信号をリセットします。

クロック イネーブル信号をチェック

生成されたコード内のクロック イネーブル信号をチェックするかどうかを指定します。このチェックは、業界標準のガイドラインの CGSL-2.C.C.4 に対応します。

設定

既定の設定: オフ

オン

コード生成時にクロック イネーブルを最小化してから、生成されたコード内のクロック イネーブル信号をチェックします。

オフ

生成されたコード内のクロック イネーブル信号をチェックしません。

依存関係

[クロック イネーブル信号をチェック] チェック ボックスをオンにするには、[HDL コーディング標準] パラメーターを [Industry] に設定します。

コマンド ライン情報

このプロパティを設定するには、次の手順に従います。

  1. HDL コーディング標準のカスタマイズ オブジェクトを作成します。

    cso = hdlcoder.CodingStandard('Industry');

  2. HDL コーディング標準のカスタマイズ オブジェクトの MinimizeClockEnableCheck プロパティを設定します。

    たとえば、クロック イネーブルを最小化して、生成されたコード内のクロック イネーブル信号をチェックするには、次のように入力します。

    cso.MinimizeClockEnableCheck.enable = true;

  3. HDL コーディング標準のカスタマイズ オブジェクトに HDLCodingStandardCustomizations プロパティを設定し、コーティング標準を指定してコードを生成します。

    たとえば、DUT が sfir_fixed/symmetric_fir の場合は、以下を入力します。

    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir', 'HDLCodingStandard','Industry', ...
            'HDLCodingStandardCustomizations',cso);

参考

リセット信号の使用の検出

生成されたコード内のリセット信号をチェックするかどうかを指定します。このチェックは、業界標準のガイドラインの CGSL-2.C.C.5 に対応します。

設定

既定の設定: オフ

オン

生成されたコード内のリセット信号を最小化してから、コード生成後にリセット信号をチェックします。

オフ

生成されたコード内のリセット信号をチェックしません。

依存関係

[リセット信号の使用の検出] チェック ボックスをオンにするには、[HDL コーディング標準] パラメーターを [Industry] に設定します。

コマンド ライン情報

このプロパティを設定するには、次の手順に従います。

  1. HDL コーディング標準のカスタマイズ オブジェクトを作成します。

    cso = hdlcoder.CodingStandard('Industry');

  2. HDL コーディング標準のカスタマイズ オブジェクトの RemoveResetCheck プロパティを設定します。

    たとえば、リセット信号をチェックする場合は、次のように入力します。

    cso.RemoveResetCheck.enable = true;

  3. HDL コーディング標準のカスタマイズ オブジェクトに HDLCodingStandardCustomizations プロパティを設定し、コーティング標準を指定してコードを生成します。

    たとえば、DUT が sfir_fixed/symmetric_fir の場合は、以下を入力します。

    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir', 'HDLCodingStandard','Industry', ...
            'HDLCodingStandardCustomizations',cso);

参考

非同期リセット信号の使用の検出

生成されたコード内の非同期リセット信号をチェックするかどうかを指定します。このチェックは、業界標準のガイドラインの CGSL-2.C.C.6 に対応します。

設定

既定の設定: オフ

オン

生成されたコード内の非同期リセット信号をチェックします。

オフ

生成されたコード内の非同期リセット信号をチェックしません。

依存関係

[非同期リセット信号の使用の検出] チェック ボックスをオフにするには、[HDL コーディング標準] パラメーターを [Industry] に設定します。

コマンド ライン情報

このプロパティを設定するには、次の手順に従います。

  1. HDL コーディング標準のカスタマイズ オブジェクトを作成します。

    cso = hdlcoder.CodingStandard('Industry');

  2. HDL コーディング標準のカスタマイズ オブジェクトの AsynchronousResetCheck プロパティを設定します。

    たとえば、変数の使用を最小限に抑えるには、以下を入力します。

    cso.AsynchronousResetCheck.enable = true;

  3. HDL コーディング標準のカスタマイズ オブジェクトに HDLCodingStandardCustomizations プロパティを設定し、コーティング標準を指定してコードを生成します。

    たとえば、DUT が sfir_fixed/symmetric_fir の場合は、以下を入力します。

    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir', 'HDLCodingStandard','Industry', ...
            'HDLCodingStandardCustomizations',cso);

参考