Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

言語固有の識別子

このセクションには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][グローバル設定] ペインにある [クロック設定] セクションのパラメーターが含まれます。これらのパラメーターを使用して、エンティティ、モジュール、パッケージ名の接尾辞およびモジュール名の接頭辞を指定できます。

エンティティ競合の接尾辞

生成されるコードで重複する VHDL® エンティティや Verilog® モジュールの名前を解決する文字ベクトルとしてテキストを指定します。

設定

既定の設定: _block

指定された接尾辞を指定することで、VHDL エンティティまたは Verilog モジュール名の重複を解決します。

たとえば、HDL Coder™ で MyFilter という名前のエンティティが 2 つ検出された場合、最初のエンティティの名前が MyFilter、2 番目のエンティティの名前が MyFilter_block になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: EntityConflictPostfix
型: 文字ベクトル
値: ターゲット言語の有効な文字ベクトル
既定の設定: '_block'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

たとえば、次のいずれかの方法を使用して sfir_fixed モデル内の symmetric_fir サブシステムの HDL コードを生成する際にこのプロパティを指定できます。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir', ... 
            'EntityConflictPostfix','_entity')
  • hdlset_param を使用すると、モデルにパラメーターを設定してから、makehdl を使用して HDL コードを生成できる。

    hdlset_param('sfir_fixed','EntityConflictPostfix','_entity')
    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir')

参考

makehdl

パッケージの接尾辞

パッケージ ファイル名を形成するために、モデルまたはサブシステム名に付加する文字ベクトルとしてテキストを指定します。

設定

既定の設定: _pkg

設計でパッケージ ファイルが必要な場合にのみ、HDL Coder はこのオプションを適用します。

依存関係

このオプションは、次の場合に有効になります。

ターゲット言語 ([言語] オプションで指定) が VHDL の場合。

ターゲット言語 ([言語] オプションで指定) が Verilog であり、[複数ファイルのテスト ベンチ] オプションが選択されている場合。

コマンド ライン情報

プロパティ: PackagePostfix
型: 文字ベクトル
値: VHDL パッケージ ファイル名として適切な文字ベクトル
既定の設定: '_pkg'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

たとえば、次のいずれかの方法を使用して sfir_fixed モデル内の symmetric_fir サブシステムの HDL コードを生成する際にこのプロパティを指定できます。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir', ... 
            'PackagePostfix','_pkg')
  • hdlset_param を使用すると、モデルにパラメーターを設定してから、makehdl を使用して HDL コードを生成できる。

    hdlset_param('sfir_fixed','PackagePostfix','_pkg')
    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir')

予約語の接尾辞

VHDL または Verilog の予約語である値の名前、接尾辞の値、またはラベルの後に追加するテキストを文字ベクトルとして指定します。

設定

既定の設定: _rsvd

予約語の接尾辞は、VHDL または Verilog の予約語と競合する識別子 (エンティティ、信号、定数、その他のモデル要素) に適用されます。たとえば、生成するモデルに mod という名前の信号が含まれる場合、接尾辞 _rsvd が付加され、mod_rsvd という名前になります。

コマンド ライン情報

プロパティ: ReservedWordPostfix
型: 文字ベクトル
既定の設定: '_rsvd'

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

たとえば、次のいずれかの方法を使用して sfir_fixed モデル内の symmetric_fir サブシステムの HDL コードを生成する際にこのプロパティを指定できます。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir', ... 
            'ReservedWordPostfix','_reserved')
  • hdlset_param を使用すると、モデルにパラメーターを設定してから、makehdl を使用して HDL コードを生成できる。

    hdlset_param('sfir_fixed','ReservedWordPostfix','_reserved)
    makehdl('sfir_fixed/symmetric_fir')

モジュール名の接頭辞

生成される HDL コード内の各モジュールまたはエンティティの名前の接頭辞を指定します。

設定

既定の設定: ''

生成される HDL コード内の個々のモジュールまたはエンティティの名前の接頭辞を指定します。HDL Coder は、生成されたスクリプト ファイルの名前にもこの接頭辞を適用します。

モジュール名の接頭辞は、生成される HDL コードを大きなシステム内で複数回インスタンス化する予定がある場合に、名前の競合を避けるために指定できます。

コマンド ライン情報

プロパティ: ModulePrefix
型: 文字ベクトル
既定の設定: ''

このプロパティを設定するには、hdlset_param または makehdl を使用します。プロパティの値を表示するには、hdlget_param を使用します。

内部モジュール myUnit を含む DUT の myDut があるとします。次のいずれかの方法を使用して、設計内のモジュールの先頭に接頭辞 unit1_ を付けることができます。

  • プロパティを引数として関数 makehdl に渡す。

    makehdl('myDUT', ... 
            'ModulePrefix','unit1_')
  • hdlset_param を使用すると、モデルにパラメーターを設定してから、makehdl を使用して HDL コードを生成できる。

    hdlset_param('myUnit/myDUT','ModulePrefix','unit1_')
    makehdl('myDUT')

生成されたコードでは、HDL モジュール名は、対応する HDL ファイル名を含む unit1_myDutunit1_myUnit になります。生成されたスクリプト ファイル名にも接頭辞 unit1_ が付きます。