Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタム FPGA ボード定義の作成

  1. 以下のものを用意してください。

    1. ボード仕様ドキュメント。どのような形式でもかまいませんが、電子文書形式であれば、必要に応じて情報を検索できます。

    2. ボード定義ファイルを検証 (テスト) する場合は、FPGA 設計ソフトウェア ツールを設定します。

      検証を実行するには、Xilinx® または Altera® がパスになければなりません。関数 hdlsetuptoolpath を使用して、このツールを MATLAB® で使用できるように設定します。

  2. MATLAB コマンド ウィンドウで「fpgaBoardManager」と入力して、FPGA Board Manager を開きます。また、HDL ワークフロー アドバイザーを使用している場合は、手順 1.1 で [ボード マネージャーの起動] をクリックすることもできます。

  3. [Create New Board] をクリックして、New FPGA Board Wizard を開きます。FPGA Board Manager で実行できるタスクの詳細は、FPGA Board Managerを参照してください。

  4. このウィザードでは、ボードの情報をすべて入力します。各ページで、必要なフィールドに入力します。ボードの情報の入力については、New FPGA Board Wizardを参照してください。

  5. ボード定義ファイルを保存します。これが最後の手順で、New FPGA Board Wizard で [Finish] をクリックすると自動的に開始されます。ボード定義ファイルの保存を参照してください。

FPGA Board Manager、使用可能な FPGA ボードのリストにカスタム ボード定義が表示されます。HDL ワークフロー アドバイザーを使用している場合は、[ターゲット プラットフォーム] リストにも表示されます。

New FPGA Board Wizard によるカスタム FPGA ボードの追加のデモは、Xilinx KC705 評価ボード定義ファイルの作成の例を参照してください。