Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

FPGA Board Manager

はじめに

FPGA Board Manager は、カスタム FPGA ボードを管理するためのポータルです。ボード定義ファイルの作成や、既存のボードの編集ができます。カスタム ボードを既存のボード定義ファイルからインポートすることもできます。

FPGA Board Manager は次のいずれかの方法で起動できます。

  • MATLAB® コマンド ウィンドウで「fpgaBoardManager」と入力する

  • FIL ウィザードの最初のページで [ボード マネージャーの起動] をクリックする

  • 手順 1.1 で HDL ワークフロー アドバイザーから起動する (HDL Coder™ を使用している場合)

フィルター

次のうちいずれかを表示するよう選択します。

  • すべてのボード

  • HDL Verifier™ または HDL Coder でプレインストールされたボードのみ

  • カスタム ボードのみ

Search

リストで特定のボードを検出するか、検索文字列に完全一致または部分一致するボードを検出します。

FIL Enabled/Turnkey Enabled

これらの列は、指定したボードが FIL またはターンキー操作に対応しているかどうかを表します。

Create Custom Board

New FPGA Board Wizard を起動します。New FPGA Board Wizardを参照してください。ボード定義ファイルの作成プロセスはカスタム FPGA ボード定義の作成で説明しています。

Add Board From File

ボード定義ファイル (.xml) をインポートします。

Get More Boards

FIL で使用する FPGA ボード サポート パッケージをダウンロードします。

  1. [Get more boards] をクリックします。

  2. サポート パッケージ インストーラーのプロンプトに従い、FPGA ボード サポート パッケージをダウンロードします。

  3. ダウンロードが完了すると、FPGA Board Manager で新規のボードがボードのリストに表示されます。

オフライン サポート パッケージのインストール

インターネットに接続しないで FPGA ボード サポート パッケージをインストールできます。Install Support Package Offline (HDL Verifier)を参照してください。

View/Edit

ボードの構成の表示と、情報の変更ができます。読み取り専用のファイルの場合、表示はできますが編集はできません。FPGA Board Editorを参照してください。

Remove

カスタム ボードをリストから削除します。この操作を行っても、ボード定義 XML ファイル自体は削除されません。

Clone

追加の変更を加えるために、既存のカスタム ボードをコピーします。

Validate

FIL の検証テストを実行します。オプションの検証テストの実行を参照してください。