Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ツールの設定

合成ツールのパスの設定

関数 hdlsetuptoolpath

HDL Coder™ とサポートされているサードパーティ製の FPGA 合成ツールを併用する場合は、関数 hdlsetuptoolpath を使用してツールをシステム パスに追加します。ツールをシステム パスに追加してから HDL ワークフロー アドバイザーを開いてください。HDL ワークフロー アドバイザーが既に開いている場合は、合成ツールを現在の HDL ワークフロー アドバイザー セッションに追加を参照してください。

合成ツールを現在の HDL ワークフロー アドバイザー セッションに追加

Simulink から HDL へのワークフロー

  1. MATLAB® コマンド ラインで、関数 hdlsetuptoolpath を使用して合成ツールを追加します。

  2. HDL ワークフロー アドバイザーの [ターゲットを設定][ターゲット デバイスおよび合成ツールを設定] の手順で、[合成ツール] の右にある [更新] をクリックします。

    これで合成ツールを使用できるようになります。

MATLAB から HDL へのワークフロー

  1. MATLAB コマンド ラインで、関数 hdlsetuptoolpath を使用して合成ツールを追加します。

  2. HDL ワークフロー アドバイザーの [コード生成ターゲットを選択] 手順で、[合成ツール] の右にある [リストの更新] をクリックします。

    これで合成ツールを使用できるようになります。

合成ツールの設定の確認

MATLAB での Intel® Quartus Prime Standard 合成ツールの設定を確認するには、次のコマンドでツールを起動します。

!quartus

MATLAB での Intel Quartus Pro 合成ツールの設定を確認するには、次のコマンドでツールを起動します。

!qpro

MATLAB での Xilinx® Vivado® 合成ツールの設定を確認するには、次のコマンドでツールを起動します。

!vivado

MATLAB での Xilinx ISE 合成ツールの設定を確認するには、次のコマンドでツールを起動します。

!ise

MATLAB での Microsemi® Libero® SoC 合成ツールの設定を確認するには、次のコマンドでツールを起動します。

!libero

サポートされているツールのバージョン

サポートされているツールのバージョンについては、サードパーティ製の合成ツールとバージョンのサポートを参照してください。

HDL シミュレーターの設定

MATLAB から HDL シミュレーターを開くには、次のコマンドを入力します。

HDL シミュレーターを開く MATLAB コマンド

HDL シミュレーターシミュレーターを開くコマンド
Cadence Incisive® nclaunch (HDL Verifier)
Mentor Graphics® ModelSim® vsim (HDL Verifier)

たとえば、Mentor Graphics ModelSim シミュレーターを開くには、次のコマンドを入力します。

vsim('vsimdir','C:\Program Files\ModelSim\questasim\10.5c\win64\vsim.exe')

ModelSim、Questa® または Incisive® を HDL のシミュレーションまたは HDL Verifier™ とのコシミュレーション用に設定する方法の詳細については、HDL Simulator Startup (HDL Verifier)を参照してください。

シミュレーション ツールを現在の HDL ワークフロー アドバイザー セッションに追加

MATLAB から HDL へのワークフロー

  1. シミュレーション ツールを設定します。

  2. HDL ワークフロー アドバイザーの [HDL の確認][HDL テスト ベンチによる検証] タスクで、[リストの更新] をクリックします。

    これでシミュレーション ツールを使用できるようになります。

ModelSim シミュレーションのための Xilinx System Generator の設定

Xilinx System Generator ブロックを含む設計の ModelSim シミュレーション スクリプトを生成するには、以下の条件を満たさなければなりません。

  • コンパイルされた Xilinx シミュレーション ライブラリがある。

  • コンパイルされたライブラリへのパスを指定する。

Vivado と ISE に必要なライブラリ

ModelSim シミュレーション スクリプトを生成するには、使用する EDA シミュレーターとターゲット言語用に次のコンパイルされた Xilinx シミュレーション ライブラリがなければなりません。

  • unisim

  • simprim

  • xilinxcorelib

これらのライブラリをコンパイルする方法は、Xilinx ドキュメンテーションを参照してください。

  • Vivado については、compile_simlib を参照してください。

  • ISE については、compxlib を参照してください。

必要なライブラリへのパスの指定

モデルの XilinxSimulatorLibPath パラメーターを設定してコンパイルされた Xilinx シミュレーション ライブラリへのパスを指定します。

たとえば、hdlset_param を使用して XilinxSimulatorLibPath を設定できます。

libpath = '/apps/Xilinx_ISE/XilinxISE-13.4/Linux/ISE_DS/ISE/vhdl/
   mti_se/6.6a/lin64/xilinxcorelib';
hdlset_param (bdroot, 'XilinxSimulatorLibPath', libpath);

Altera DSP Builder の設定

Altera® DSP Builder と Simulink® ブロックを含む設計用のコードを生成するには、Altera DSP Builder で MATLAB を開かなければなりません。詳細については、Altera DSP Builder のドキュメンテーションを参照してください。

FPGA シミュレーション ライブラリの設定

設計を Altera または Xilinx FPGA シミュレーション ライブラリにマッピングするには、次を行います。

  • Xilinx LogiCORE® IP Floating-Point Operator v5.0 または Altera 浮動小数点メガファンクション IP コアを使用する。

  • コンパイルされたシミュレーション ライブラリと、EDA シミュレーターのターゲット言語を指定する。Xilinx LogiCORE IP の場合は XilinxCoreLib シミュレーション ライブラリを、Altera メガファンクション IP の場合は EDA シミュレーション ライブラリ コンパイラを使用します。

    このライブラリをコンパイルする方法の詳細については、Xilinx compxlib に関するドキュメンテーションを参照してください。

  • コンパイルされた Altera または Xilinx シミュレーション ライブラリへのパスを指定する。Altera では、\quartus\eda\sim_lib フォルダーにシミュレーション モデル ファイルを用意しています。DUT の SimulationLibPath パラメーターを設定します。

    たとえば、hdlset_param を使用して SimulationLibPath を設定できます。

    myDUT = gcb;
    libpath = '/apps/Xilinx_ISE/XilinxISE-13.4/Linux/ISE_DS/ISE/vhdl/
       mti_se/6.6a/lin64/xilinxcorelib';
    hdlset_param (myDUT, 'SimulationLibPath', libpath);

    [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [HDL コード生成][テスト ベンチ] ペインからシミュレーション ライブラリ パスを指定することもできます。

C/C++ コンパイラの設定

HDL Coder では、サポートされているインストール済みのコンパイラが検索されて使用されます。ほとんどのプラットフォームでは、既定のコンパイラが MATLAB に付属しています。サポートされているコンパイラのリストは、サポートされるコンパイラを参照してください。

参考

関連するトピック