Main Content

HDL の言語サポートおよびサポートされるサードパーティ製ツールとハードウェア

VHDLVerilog および SystemC の言語サポート

生成される HDL コードは、次の標準に準拠しています。

  • VHDL-1993 (IEEE® 1076-1993)

  • Verilog-2001 (IEEE 1364-2001)

  • SystemVerilog-2005 (IEEE 1800-2005)

  • SystemC 2.3 (IEEE 1666-2011)

サードパーティ製の合成ツールとバージョンのサポート

HDL ワークフロー アドバイザーは次のサードパーティ製 FPGA 合成ツールを使用してテストされています。

  • Intel® Quartus® Prime Standard 21.1

  • Intel Quartus Pro 22.4

  • Xilinx® Vivado® Design Suite 2022.1

  • Microchip Libero® SoC 2022.1

  • Xilinx ISE 14.7

  • Cadence® Stratus HLS 21.2

HDL ワークフロー アドバイザーでテスト済みの合成ツールを使用してワークフローを開始する場合、アドバイザーはそのツールでサポートされているデバイスのリストを生成します。HDL ワークフロー アドバイザーでテストされていないサードパーティ製の合成ツールを使用した場合、アドバイザーによってデバイス リストの更新は行われず、そのツールで使用できる FPGA デバイスは反映されません。

たとえば、HDL ワークフロー アドバイザーは Intel Quartus Prime Standard および Intel Quartus Pro でテスト済みです。Intel Quartus Prime Lite などの、アドバイザーでテスト済みでないツールを使用する場合、FPGA デバイス リストはワークフロー アドバイザーで更新されません。

サードパーティ製合成ツールと HDL Coder™ を併用する場合は、サポートされている合成ツールがインストールされていて、合成ツールの実行可能ファイルがシステム パスになければなりません。詳細は、ツールの設定を参照してください。

FPGA インザループ ハードウェア

HDL Verifier™ での FPGA インザループ シミュレーションでサポートされている FPGA は HDL Verifier のドキュメンテーションに記載されています。

また、FPGA ボード マネージャーを使用してカスタム FPGA ボードを追加することができます。詳細は、FPGA ボードのカスタマイズを参照してください。

HDL ワークフロー アドバイザーを使用して、FPGA インザループまたは USRP™ デバイス向けのカスタマイズをする場合は、サポートされている合成ツールがインストールされており、合成ツールの実行可能ファイルがシステム パス上に存在しなければなりません。詳細は、ツールの設定を参照してください。

汎用 ASIC/FPGA ハードウェア

次のハードウェアは汎用 ASIC/FPGA ワークフローでサポートされています。

合成ツールデバイス ファミリ
Xilinx VivadoKintex® 7
Artix® 7
Kintex UltraScale+
KintexU
Spartan® 7
Virtex® UltraScale+
Virtex UltraScale+ HBM
Virtex UltraScale+ 58G
Virtex7
VirtexU
Zynq®
Zynq UltraScale+
Zynq Ultrascale+ RFSoC
Versal AI Core
Xilinx ISEVirtex6
Virtex5
Virtex4
Spartan-3A DSP
Spartan 3E
Spartan3
Spartan6

Altera® Quartus II

メモ

Altera Quartus II は、合成ツール Intel Quartus Prime Standard を参照します。

Cyclone® IV
Cyclone V
Arria® II GX および GZ
Stratix® IV
Stratix V
Arria 10
Arria V GX
MAX 10
Cyclone 10 LP

Intel Quartus Pro

Arria 10
Cyclone 10 GX
Stratix 10
Intel Agilex®

Microchip Libero SoC

SmartFusion2
RTG4
IGLOO2
PolarFire
PolarFire SoC

IP コアの生成のハードウェア

次のハードウェアは、IP コアの生成ワークフローでサポートされています。

合成ツールターゲット プラットフォーム
Xilinx VivadoZedBoard FMC-HDMI-CAM
ZedBoard と FMCOMMS2/3/4/
ZC706 FMC-HDMI-CAM
ZC706 FMCOMMS2/3/4/
ZC706 と FMCOMMS5
ZC702 FMC-HDMI-CAM
ZCU102 FMC-HDMI-CAM
ZCU102 と FMCOMMS2/3/4
ZCU106 IMX274MIPI-FMC
ZCU106 FMC-HDMI-CAM
Zynq ZC706 評価キット
Zynq ZC702 評価キット
PicoZed FMC-HDMI-CAM
Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU102 評価キット
Zynq UltraScale+ RFSoC ZCU111 評価キット
Zynq UltraScale+ RFSoC ZCU216 評価キット
Kintex-7 KC705 開発ボード
Artix-7 35T Arty 開発ボード
Versal AI Core シリーズ VCK190 評価キット
Virtex-7 VC707 開発ボード

Intel Quartus Pro

Intel Arria 10 SoC 開発キット

Altera Quartus II

メモ

Altera Quartus II は、合成ツール Intel Quartus Prime Standard を参照します。

Intel Arria 10 SoC 開発キット
Cyclone V SoC 開発キット Rev. C および Rev. D
Arrow DECA Max 10 FPGA 開発ボード
Arrow SoC Kit 開発ボード
Arria 10 GX FPGA 開発キット

Microchip Libero SoC

Microchip Polarfire® SoC Icicle キット

Simulink Real-Time FPGA I/O: Speedgoat ターゲット コンピューター

[Simulink Real-Time FPGA I/O] ワークフローを使用して、Speedgoat FPGA I/O モジュールをターゲットにします。これらの I/O モジュールは Speedgoat® ターゲット コンピューター システムの一部です。[Simulink Real-Time FPGA I/O] ワークフローを実行するには、Speedgoat I/O Blockset および Speedgoat HDL Coder Integration Package をインストールします。統合パッケージをインストールした後、[ターゲット プラットフォーム] を選択し、その後ワークフローを実行して、Simulink® Real-Time™ インターフェイス サブシステムを生成できます。

参照項目:

  • 統合パッケージとそのインストール方法については、オンラインで www.speedgoat.com/knowledge-center にあるドキュメンテーション「HDL Coder Integration Packages」を参照してください。「入門」の Speedgoat - HDL Coder Integration Packages をダウンロードしてインストールするための手順に従ってください。

  • HDL ワークフロー アドバイザーでサポートされる Speedgoat I/O モジュールについては、Speedgoat Real-Time FPGA Application Support from HDL Coder を参照してください。

HDL ワークフロー アドバイザーでの Speedgoat FPGA のサポートを参照してください。

FPGA ターンキー ハードウェア

FPGA ターンキー ワークフローでサポートされているハードウェアは、次のとおりです。

  • AlteraArria II GX FPGA 開発キット

  • AlteraCyclone III FPGA 開発キット

  • AlteraCyclone IV GX FPGA 開発キット

  • Altera DE2–115 開発/学習ボード

  • XUP Atlys Spartan-6 開発ボード

  • Xilinx Spartan-3A DSP 1800A 開発ボード

  • Xilinx Spartan-6 SP605 開発ボード

  • Xilinx Virtex-4 ML401 開発ボード

  • Xilinx Virtex-4 ML402 開発ボード

  • Xilinx Virtex-5 ML506 開発ボード

  • Xilinx Virtex-6 ML605 開発ボード

FPGA 開発ボードが 1 つを超えた FPGA デバイスを備えている場合でも、FPGA ターンキーで使用できるのは 1 つのデバイスのみです。このワークフローは Xilinx Vivado をサポートしていません。

ボードのカスタマイズでサポートされている FPGA デバイス ファミリ

FPGA ボード マネージャーを使用してカスタムの FPGA ボードを追加することもできます。HDL Coder ではボードのカスタマイズ (つまり、独自のボード定義ファイルを作成する) のために、次の FPGA デバイス ファミリがサポートされています。FPGA Board Customization (HDL Verifier)を参照してください。

デバイス ファミリ
XilinxKintex7
Spartan-3A DSP
Spartan3
Spartan3A および Spartan3AN
Spartan3E
Spartan6
Virtex4
Virtex5
Virtex6
Virtex7
Altera Cyclone III
Cyclone IV
Arria II
Stratix IV
Stratix V

参考

|

関連するトピック