Main Content

hex2num

quantizer オブジェクトを使用して 16 進数文字列を数値に変換

構文

x = hex2num(q,h)
[x1,x2,...] = hex2num(q,h1,h2,...)

説明

x = hex2num(q,h) は 16 進数文字ベクトル h を数値行列 x に変換します。x の数値の属性は、quantizer オブジェクト q によって指定されます。h が cell 配列である場合、hex2num は数値を格納する同じ次元の cell 配列として x を返します。固定小数点 16 進数表現の場合、hex2num は 2 の補数表現を使用します。浮動小数点の場合、表現は IEEE® Standard 754 スタイルです。

16 進数の桁数が、数値の表現に必要な桁数より少ない場合、固定小数点変換により左側からゼロで埋められます。浮動小数点変換では、右側からゼロで埋められます。

[x1,x2,...] = hex2num(q,h1,h2,...) は 16 進数表現 h1h2、... を数値行列 x1x2、... に変換します。

hex2numnum2hex は互いに逆ですが、num2hex では 1 つの列に 16 進数表現が返される点が異なります。

4 ビット固定小数点の 2 の補数をすべて小数形式で作成するには、次のコードを使用します。

q = quantizer([4 3]);
h = ['7 3 F B';'6 2 E A';'5 1 D 9';'4 0 C 8'];
x = hex2num(q,h)
x =

    0.8750    0.3750   -0.1250   -0.6250
    0.7500    0.2500   -0.2500   -0.7500
    0.6250    0.1250   -0.3750   -0.8750
    0.5000         0   -0.5000   -1.0000

バージョン履歴

R2006a より前に導入