Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

unique

fixed.Interval オブジェクトの一意の値のセットの取得

説明

uniqueinterval = unique(interval) は、fixed.Interval オブジェクト interval として設定される等価値を表し、段階的に並べ替えられるオーバーラップしない区間のベクトルを返します。

すべて折りたたむ

関数 unique を使用して、Interval オブジェクトの配列からオーバーラップしない区間のセットを取得します。

intervals = fixed.Interval({-5,5},{-10,10},{4,20},{50,100})
    [-5,5]    [-10,10]    [4,20]    [50,100]

  1x4 fixed.Interval with properties:

              LeftEnd
             RightEnd
         IsLeftClosed
        IsRightClosed

オブジェクトで表される最初の 3 つの区間は互いにオーバーラップします。4 番目の区間はセットから結合解除されます。

uniqueInterval = unique(intervals)
uniqueInterval = 

    [-10,20]    [50,100]

  1x2 fixed.Interval with properties:

              LeftEnd
             RightEnd
         IsLeftClosed
        IsRightClosed

出力 uniqueInterval、2 つの Interval オブジェクトの配列は、3 つのオーバーラップする区間を 1 つの Interval オブジェクトにマージします。

入力引数

すべて折りたたむ

入力 fixed.Interval オブジェクト。fixed.Interval オブジェクト、または fixed.Interval オブジェクトの配列として指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

オーバーラップしない Interval オブジェクトのセット。fixed.Interval オブジェクトまたは fixed.Interval オブジェクトの配列として返されます。

interval がスカラー Interval オブジェクトの場合、出力は入力と同じです。

R2019b で導入