Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

union

fixed.Interval オブジェクトの結合

説明

C = union(A, B) は、fixed.Interval オブジェクト AB の結合を返します。

すべて折りたたむ

2 つの fixed.Interval オブジェクトを作成します。

interval1 = fixed.Interval(-10, 10)
interval1 = 
    [-10,10]

  1x1 fixed.Interval with properties:

              LeftEnd: -10
             RightEnd: 10
         IsLeftClosed: true
        IsRightClosed: true
interval2 = fixed.Interval(0,20)
interval2 = 
    [0,20]

  1x1 fixed.Interval with properties:

              LeftEnd: 0
             RightEnd: 20
         IsLeftClosed: true
        IsRightClosed: true

2 つの Interval オブジェクトの結合を検出します。

intervalUnion = union(interval1, interval2)
intervalUnion = 
    [-10,20]

  1x1 fixed.Interval with properties:

              LeftEnd: -10
             RightEnd: 20
         IsLeftClosed: true
        IsRightClosed: true

出力は、その範囲が 2 つの入力オブジェクトの範囲の結合である Interval オブジェクトです。

2 つの入力 Interval オブジェクトの範囲がオーバーラップしない場合、出力は、入力の範囲の結合に対応する Interval オブジェクトの配列です。

interval3 = fixed.Interval(100, 200)
interval3 = 
    [100,200]

  1x1 fixed.Interval with properties:

              LeftEnd: 100
             RightEnd: 200
         IsLeftClosed: true
        IsRightClosed: true
intervalUnion = union(interval1, interval3)
intervalUnion=1×2 object
    [-10,10]    [100,200]

  1x2 fixed.Interval with properties:

              LeftEnd
             RightEnd
         IsLeftClosed
        IsRightClosed

入力引数

すべて折りたたむ

入力 fixed.Interval オブジェクト。fixed.Interval オブジェクト、または fixed.Interval オブジェクトの配列として指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

入力 fixed.Interval オブジェクトの結合。fixed.Interval オブジェクトまたは fixed.Interval オブジェクトの配列として返されます。

出力 Interval オブジェクトには、A または B のすべての値が含まれます。

R2019b で導入