Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

レポート生成

レポートの生成、コード生成結果の記述の取得

HTML コード生成レポートでは、生成されたコードのソース ファイルを表示し、コード生成の目的、サブシステム、コード インターフェイス、状態コード メトリクスなど、生成されたコードに関する情報を解析できます。コード生成レポートは、コードとモデルの要素のトレーサビリティを提供します。モデルと生成されたコードを MATLAB 環境の外部で共有するには、モデルの Web 表示を含めます。

生成されたコードに関するメタ情報をコード記述子 API を使用して表示します。コード記述子 API は、生成されたコードのデータ インターフェイス、関数インターフェイス、パラメーター、グローバル データ ストアを記述します。

クラス

すべて展開する

coder.codedescriptor.CodeDescriptor生成されたコードに関する情報を返す
coder.descriptor.DataInterfaceさまざまな種類のデータ インターフェイスに関する情報を返す
coder.descriptor.FunctionInterfaceエントリポイント関数に関する情報を返す
coder.descriptor.LookupTableDataInterface調整可能なパラメーターをもつ Lookup Table ブロックに関する情報を返す
coder.descriptor.BreakpointDataInterface調整可能なパラメーターをもつルックアップ テーブルの調整可能なブレークポイント セット データに関する情報を返す
coder.descriptor.FixAxisMetadataブレークポイント セットのデータ情報を取得する抽象クラス
coder.descriptor.EvenSpacingMetadata等間隔ブレークポイント セットのデータに関する情報を返す
coder.descriptor.NonEvenSpacingMetadata等間隔でないブレークポイント セットのデータに関する情報を返す

関数

すべて展開する

coder.report.open既存の HTML コード生成レポートを開く
coder.report.generateHTML コード生成レポートの生成
coder.report.generateCodeMetricsGenerate static code metrics report
coder.report.closeHTML コード生成レポートを閉じる
getCodeDescriptorモデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを作成
getAllDataInterfaceTypesデータ インターフェイスの種類を返す
getAllFunctionInterfaceTypes 関数インターフェイスの種類を返す
getArrayLayout 生成コードの配列レイアウトを返す
getDataInterfaces 指定されたデータ インターフェイスの情報を返す
getDataInterfaceTypes生成されたコードのデータ インターフェイスの種類を返す
getFunctionInterfaces指定された関数インターフェイスの情報を返す
getFunctionInterfaceTypes生成されたコードの関数インターフェイスの種類を返す
getReferencedModelCodeDescriptor指定された参照モデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを返す
getReferencedModelNames参照モデルの名前を返す
isLookupTableDataInterfaceオブジェクトが coder.descriptor.LookupTableDataInterface オブジェクトかどうか確認する
getAllParameters 関連付けられた coder.descriptor.LookupTableDataInterface オブジェクトと coder.descriptor.BreakpointDataInterface オブジェクトをすべて返す
isBreakpointDataInterfaceオブジェクトが coder.descriptor.BreakpointDataInterface オブジェクトかどうか確認する

トピック

レポート生成

コード生成レポート

生成されたコード ファイルとコード生成レポートを使用して生成されたコードに関する情報にアクセスします。

コード生成レポートの生成

モデルのビルド時に、生成されたコードを解析する HTML コード生成レポートを生成します。

ビルド プロセス後のコード生成レポートの作成

コード生成後、モデルをリビルドせずに HTML コード生成レポートを生成できます。

コード生成レポートの表示

既存のコード生成レポートはいつでも参照できます。

プログラムを利用したコード生成レポートの生成

MATLAB® コマンド ラインから、以下の関数を使用して HTML コード生成レポートを生成し、開き、閉じることができます。

コード生成レポートのパッケージ化と共有

コード生成レポートを共有するために、コード生成レポート ファイルおよびサポート ファイルを転送用の zip ファイルにパッケージ化できます。

Web View of Model in Code Generation Report

Include a Web view of the model to share your model and generated code outside of the MATLAB environment.

生成コードの解析

Analyze the Generated Code Interface

Use the code interface report to see documentation of the generated code interface, including model entry-point functions and interface data, for consumers of the generated code.

Static Code Metrics

The code generator performs static analysis of the generated C or C++ code and provides these metrics in the static code metrics report in the code generation report.

Generate Static Code Metrics Report for Simulink Model

When generating code, generate a report that includes static code metrics, such as, the number of lines of code, size of global variables, and the number of reads and writes.

Analyze Code Replacements in Generated Code

The Code Replacements Report section in the code generation report documents the code replacement library (CRL) functions that were used for code replacements during code generation.

コード生成の仮定のチェック

スタンドアロン ワークフローを使用して、コード ジェネレーターの仮定をチェックします。

Simulink Report Generator による生成コードのドキュメント化

Simulink® Report Generator™ ソフトウェアを使用して、コード生成プロジェクトの詳細レポートを生成する方法の説明。

注目の例