Main Content

coder.report.generate

HTML コード生成レポートの生成

説明

coder.report.generate(model) は、model のコード生成レポートを生成します。モデルのビルド フォルダーは現在の作業フォルダーに存在しなければなりません。

coder.report.generate(subsystem) は、subsystem のコード生成レポートを生成します。サブシステムのビルド フォルダーは現在の作業フォルダーに存在しなければなりません。

coder.report.generate(model,Name,Value) は、現在のモデル コンフィギュレーションと、1 つ以上の Name,Value ペア引数で指定された追加オプションを使用して、コード生成レポートを生成します。Name,Value 引数のとり得る値は、[コード生成]、[レポート] ペインのパラメーターです。Name,Value 引数を使用すれば、モデル コンフィギュレーションを変更することなく、異なるレポート構成を用いたレポートを生成できます。

すべて折りたたむ

モデル rtwdemo_counter を開きます。

open rtwdemo_counter

モデルを作成します。モデルは、コード生成レポートを作成して開くように構成されています。

slbuild('rtwdemo_counter');

コード生成レポートを閉じます。

coder.report.close;

コード生成レポートを生成します。

coder.report.generate('rtwdemo_counter');

モデル rtwdemo_counter を開きます。

open rtwdemo_counter

サブシステムをビルドします。モデルは、コード生成レポートを作成して開くように構成されています。

slbuild('rtwdemo_counter/Amplifier');

コード生成レポートを閉じます。

coder.report.close;

サブシステムのコード生成レポートを生成します。

coder.report.generate('rtwdemo_counter/Amplifier');

ビルド プロセスの後、モデルを変更することなく、静的コード メトリクス レポートを含むコード生成レポートを生成します。

モデル rtwdemo_hyperlinks を開きます。

open rtwdemo_hyperlinks

モデルを作成します。モデルは、コード生成レポートを作成して開くように構成されています。

slbuild('rtwdemo_hyperlinks');

コード生成レポートを閉じます。

coder.report.close;

静的コード メトリクス レポートを含むコード生成レポートを生成します。

coder.report.generate('rtwdemo_hyperlinks',...
'GenerateCodeMetricsReport','on');

コード生成レポートが開きます。左のナビゲーション ペインで [静的コード メトリクス レポート] をクリックし、レポートを表示します。

入力引数

すべて折りたたむ

モデル名。文字ベクトルとして指定します。

例: rtwdemo_counter

データ型: char

サブシステム名。文字ベクトルとして指定します。

例: rtwdemo_counter/Amplifier

データ型: char

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に配置しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用して各名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: 'GenerateWebview','on','GenerateCodeMetricsReport','on' は、コード生成レポートにモデルの Web 表示と静的コード メトリクスを含めます。

それぞれの Name,Value 引数は、[コンフィギュレーション パラメーター] の [コード生成]、[レポート] ペインにあるパラメーターに対応しています。コンフィギュレーション パラメーター GenerateReporton の場合、パラメーターは有効です。Name,Value 引数は、現在のレポートを生成するためにのみ使用されます。この引数は、モデル コンフィギュレーション内のパラメーターをオーバーライドしますが、変更はしません。以下のパラメーターには、Embedded Coder® のライセンスが必要です。

ナビゲーション

すべて折りたたむ

'on' または 'off' として指定されるコードからモデルへのハイパーリンク。'on' を指定すると、コードからモデルへのハイパーリンクがコード生成レポートに含められます。ハイパーリンクは、モデルのブロック線図内の対応するブロック、Stateflow® オブジェクトおよび MATLAB® 関数にコードをリンクします。詳細については、コードからモデルにを参照してください。

例: 'IncludeHyperlinkInReport','on'

データ型: char

'on' または 'off' として指定されるモデルからコードへの強調表示。'on' を指定すると、モデルからコードへの強調表示がコード生成レポートに含められます。詳細については、Model-to-codeを参照してください。

例: 'GenerateTraceInfo','on'

データ型: char

'on' または 'off' として指定されるモデルの Web 表示。'on' を指定すると、モデルの Web 表示がコード生成レポートに含められます。詳細については、Generate model Web viewを参照してください。

例: 'GenerateWebview','on'

データ型: char

トレーサビリティ レポートの内容

すべて折りたたむ

'on' または 'off' として指定される削除されたバーチャル ブロックの概要。'on' を指定すると、削除されたバーチャル ブロックの概要がコード生成レポートに含められます。詳細については、Eliminated / virtual blocksを参照してください。

例: 'GenerateTraceReport','on'

データ型: char

'on' または 'off' として指定される Simulink ブロックの概要と対応するコードの場所。'on' を指定すると、Simulink ブロックの概要と対応するコードの場所がコード生成レポートに含められます。詳細については、Traceable Simulink blocksを参照してください。

例: 'GenerateTraceReportSl','on'

データ型: char

'on' または 'off' として指定される Stateflow オブジェクトの概要と対応するコードの場所。'on' を指定すると、Stateflow オブジェクトの概要と対応するコードの場所がコード生成レポートに含められます。詳細については、Traceable Stateflow objectsを参照してください。

例: 'GenerateTraceReportSf','on'

データ型: char

'on' または 'off' として指定される MATLAB 関数の概要と対応するコードの場所。'on' を指定すると、MATLAB 関数の概要と対応するコードの場所がコード生成レポートに含められます。詳細については、Traceable MATLAB functionsを参照してください。

例: 'GenerateTraceReportEml','on'

データ型: char

距離

すべて折りたたむ

'on' または 'off' として指定される静的コード メトリクス。'on' を指定すると、静的コード メトリクスがコード生成レポートに含められます。詳細については、静的コード メトリクスの生成を参照してください。

例: 'GenerateCodeMetricsReport','on'

データ型: char

バージョン履歴

R2012a で導入