Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

生成されたコードのコンパイル

生成されたソース コードをコンパイルしてオブジェクト コードをリンクするビルド プロセスの指定

ソース コードの生成後に実行可能コードを生成するには、生成されたソース コードをコンパイルしてオブジェクト コードをリンクするビルド プロセスを指定します。Simulink® モデルから生成するコードのビルドに、CMake、ツールチェーン、またはテンプレート makefile アプローチを使用できます。MATLAB® には CMake 実行可能ファイルが付属しています。各アプローチではサポートされているビルド ツールをインストールする必要があります。開発環境のビルド プロセスをカスタマイズする方法の詳細については、コード コンパイルのカスタマイズを参照してください。

モデルと生成されたコード間の数値的等価性をテストするために、SIL/PIL マネージャーを使用できます。

関数

すべて展開する

codebuild生成されたコードのコンパイルとリンク
slbuildモデルのスタンドアロン実行可能ファイルまたはモデル参照ターゲットのビルド
rtw_precompile_libsモデルをビルドせずにモデル ライブラリをビルドする
RTW.getBuildDirモデル ビルド情報からビルド フォルダー情報を取得
Simulink.fileGenControlブロック線図の更新やモデルのビルドによって生成されたファイルのルート フォルダーを指定
coder.buildstatus.open[ビルド ステータス] ウィンドウを開く
coder.buildstatus.close[ビルド ステータス] ウィンドウを閉じる

トピック

概要

ワークフロー

モデルと生成されたコード間の数値的等価性のテスト

トラブルシューティング

コンパイラの問題のトラブルシューティング

ビルド プロセスでコンパイラ操作を妨げる問題を特定して修正します。