Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Windows コマンド プロンプト ウィンドウからのモデルのビルド

この例では、Windows のコマンド プロンプトでコマンドを入力し、バッチ ファイルを使用してモデルをビルドする方法を説明します。

MATLAB のコマンド ライン (起動) 引数について

MATLAB を Windows のコマンド プロンプトから起動 (バッチ ファイルで実行) するときは、いくつかのコマンド ライン引数を使用して MATLAB の起動を制御できます。

それらのコマンド ライン引数の詳細については、コマンド プロンプト ウィンドウで matlab -help と入力してください。

MATLAB をコマンド プロンプト ウィンドウから起動するには、次の手順に従います。

  1. Windows の [スタート] メニューからコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。

  2. Windows コマンド プロンプトから、matlab と入力します。

ヒント: MATLAB のルート フォルダーのパスを表示するには、MATLAB コマンド プロンプトで matlabroot と入力します。

バッチ ファイルでの MATLAB の実行

MATLAB をバッチ ファイルで実行するときは、次のことが可能です。

  • コマンド ライン引数で MATLAB の起動を制御する

  • 一連のオペレーティング システム コマンド (ソース管理のチェックアウト/コミットなど) を実行する

  • 一連の MATLAB スクリプトを実行する

バッチを使用した方法では、ビルド プロセス全体を自動化することもできます。このプロセスで 1 つ以上の Simulink モデルからコードを生成した後、makefile を使用してカスタム コードや生成コードをコンパイルできます。

このバッチ ファイルでは、環境変数 MATLABROOT を設定し、環境変数 PATHMATLABROOT を含めるように設定し、入力スクリプト引数 %1 と logfile 引数を指定して MATLAB を起動します。

メモ: バッチ ファイルの MATLABROOT の値は、それぞれのシステムに合わせてカスタマイズしてください。このバッチ ファイルでは、c:\temp フォルダーがシステムに存在することを前提にしています。

mat.bat という名前のバッチ ファイルの作成

SET MATLABROOT="C:\Program Files\MATLAB\R2019a"
PATH=%MATLABROOT%;%PATH%
START matlab.exe -batch %1 -logfile c:\temp\logfile
PAUSE

MATLAB スクリプト myFilesToBuild.m の作成

my_rtwdemo_counter_builder
my_rtwdemo_rtwintro_builder
exit

MATLAB スクリプト my_rtwdemo_counter_builder.m の作成

open_system('rtwdemo_counter');
save_system('rtwdemo_counter','my_rtwdemo_counter')
slbuild('my_rtwdemo_counter');
close_system('my_rtwdemo_counter');

MATLAB スクリプト my_rtwdemo_rtwintro_builder.m の作成

open_system('rtwdemo_rtwintro');
save_system('rtwdemo_rtwintro','my_rtwdemo_rtwintro')
slbuild('my_rtwdemo_rtwintro');
close_system('my_rtwdemo_rtwintro');

バッチ ファイルの実行

Windows の [スタート] メニューからコマンド プロンプト ウィンドウを開き、フォルダーをバッチ ファイルが格納されたフォルダーに変更して、次のように入力します。

mat myFilesToBuild

入力 MATLAB スクリプトを指定してバッチ ファイルを実行すると、バッチ ファイルによって MATLAB が実行され、それぞれの Simulink モデル例が読み込まれてビルドされた後に閉じられます。

MATLAB 演算のログの確認

バッチ ファイルの実行後、c:\temp\logfile ファイルを確認します。

ヒント: 各スクリプトの slbuild の行でセミコロン (;) を省略すると、より詳しいビルド情報がログ ファイルに記録されます。

バッチ ファイルの最適化

MATLAB コマンド ライン引数を使用してバッチ ファイルを最適化します。検討すべきいくつかのオプションを次に示します。

  • 起動時に MATLAB スプラッシュ スクリーンが表示されないようにするには、-nosplash 引数を指定します。

  • 選択した入力スクリプトまたは関数にコマンド ライン入力を提供するには、-batch 引数を指定します。

たとえば、関数 myfile.m を呼び出すとします。この関数は 2 つの引数を受け取ります。

matlab -batch myfile(arg1,arg2)

myfile.m に数値を渡すには、arg1arg2 を数値に置き換えます。

myfile.m に string または文字の値を渡すには、arg1arg2 を一重引用符で囲んだ string または文字の値に置き換えます。たとえば、hello および world という string の値を myfile.m に渡すには、コマンド プロンプト ウィンドウで次のように入力します。

matlab -batch myfile('hello','world')

Copyright 2007-2019 The MathWorks, Inc.

関連するトピック