Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

sigmoid

シグモイド活性化の適用

説明

シグモイド活性化演算は、入力データにシグモイド関数を適用します。

この処理は次の式と同等です。

f(x)=11+ex.

メモ

この関数は、シグモイド演算を dlarray データに適用します。layerGraph オブジェクトまたは Layer 配列内にシグモイドを適用する場合は、次の層を使用します。

dlY = sigmoid(dlX) は、シグモイド伝達関数を適用することにより、入力 dlX のシグモイド活性化を計算します。dlY のすべての値は 01 になります。

すべて折りたたむ

関数 sigmoid を使用して、入力データのすべての値を 01 に収まる値に設定します。

入力データを、高さと幅が 7、チャネル数が 32 の乱数値による単一の観測値として作成します。

height = 7;
width = 7;
channels = 32;
observations = 1;

X = randn(height,width,channels,observations);
dlX = dlarray(X,'SSCB');

シグモイド活性化を計算します。

dlY = sigmoid(dlX);

dlY のすべての値が、01 の範囲になります。

入力引数

すべて折りたたむ

入力データ。次元ラベル付きまたはラベルなしの dlarray として指定します。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

シグモイド活性化。dlarray として返されます。dlY のすべての値は 01 になります。出力 dlY の元となるデータ型は、入力 dlX と同じです。

入力データ dlX が書式化された dlarray である場合、dlY の次元のラベルは dlX と同じになります。入力データが書式化された dlarray でない場合、dlY は、入力データと同じ次元の順序をもつ書式化されていない dlarray になります。

拡張機能

R2019b で導入