Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

曲線近似

対話型の曲線近似

対話的な曲線近似を行うには、次の簡単な例の手順に従います。

  1. MATLAB® コマンド ラインでデータを読み込みます。

    load hahn1

  2. 曲線近似アプリを開きます。次を入力します。

    cftool

  3. 曲線近似アプリで [X データ] および [Y データ] を選択します。

    曲線近似アプリによりデータに対する既定の内挿近似が作成されます。

  4. 近似カテゴリのドロップダウン リストからさまざまなモデル タイプのいずれかを選択します。たとえば、[多項式] を選択します。

  5. 選択したモデル タイプのさまざまな近似オプションを試します。

  6. [ファイル][コード生成] を選択します。

    曲線近似アプリによって、MATLAB コードを含むファイルがエディターに作成されます。このファイルを使用して、対話型のセッションでのすべての近似とプロットを再作成できます。

曲線近似アプリでの曲線近似の詳細については、対話型の曲線近似および曲面近似を参照してください。

特定のモデル タイプおよび近似解析の詳細や例については、以下の節を参照してください。

プログラムによる曲線近似

プログラムにより曲線近似を行うには、次の簡単な例の手順に従います。

  1. データを読み込みます。

    load hahn1

    関数 fit を使用し、変数およびモデル タイプを指定して近似を作成します (この場合、rat23 がモデル タイプです)。

    f = fit( temp, thermex, 'rat23' )

    近似とデータをプロットします。

    plot( f, temp, thermex )
    f( 600 )

近似の作成および操作に使用できる関数の詳細については、曲線近似および曲面近似を参照してください。

特定のモデル タイプおよび近似解析の詳細や例については、以下の節を参照してください。

参考

関連するトピック