最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB コードによる C 共有ライブラリの作成

サポートされるプラットフォーム: Windows®、Linux®Mac

この例では、MATLAB® 関数を使用して C 共有ライブラリを作成する方法を説明します。生成されたパッケージは、アプリケーションへの統合を担当する開発者に渡すことができます。MATLAB のライセンス コピーがターゲット システムにインストールされている必要はありません。

MATLAB で関数を作成

MATLAB で、パッケージ化する MATLAB コードを調べます。この例では、matlabroot\extern\examples\compilersdk\c_cpp\matrix にある addmatrix.mmultiplymatrix.m および eigmatrix.m を開きます。

 addmatrix.m

MATLAB コマンド プロンプトで、addmatrix([1 4 7; 2 5 8; 3 6 9], [1 4 7; 2 5 8; 3 6 9]) と入力します。

出力は以下のようになります。

 ans =
     2     8    14
     4    10    16
     6    12    18

 multiplymatrix.m

MATLAB コマンド プロンプトで、multiplymatrix([1 4 7; 2 5 8; 3 6 9], [1 4 7; 2 5 8; 3 6 9]) と入力します。

出力は以下のようになります。

 ans =
    30    66   102
    36    81   126
    42    96   150

 eigmatrix.m

MATLAB コマンド プロンプトで、eigmatrix([1 4 7; 2 5 8; 3 6 9]) と入力します。

出力は以下のようになります。

 ans =
   16.1168
   -1.1168
   -0.0000

ライブラリ コンパイラ アプリを使用した C 共有ライブラリの作成

  1. [MATLAB アプリ] タブで、[アプリ] セクションの右端にある矢印をクリックします。[アプリケーション配布] で、[ライブラリ コンパイラ] をクリックします。[MATLAB Compiler] プロジェクト ウィンドウで、[C 共有ライブラリ] をクリックします。

    または、MATLAB プロンプトで libraryCompiler と入力し、[ライブラリ コンパイラ] アプリを開きます。

  2. [MATLAB Compiler] プロジェクト ウィンドウで、配布する MATLAB アプリケーションのファイルを指定します。

    1. ツールストリップの [エクスポートする関数] セクションで、 をクリックします。

    2. [ファイルの追加] ウィンドウで、サンプルのフォルダーを参照し、パッケージ化する関数を選択します。[開く] をクリックします。

    エクスポートする関数ファイルのリストに関数が追加されます。同じアプリケーションに複数のファイルをパッケージ化するには、この手順を繰り返します。

    3 つの関数すべてをメイン ファイルのリストに追加します。

  3. ツールストリップの [パッケージ化オプション] セクションで次のオプションのいずれかを選択して、生成されるアプリケーションに MATLAB Runtime インストーラーを含めるかどうかを決定します。

    • ランタイムを Web からダウンロードMATLAB Runtime をダウンロードして配布された MATLAB アプリケーションと共にインストールするインストーラーを生成します。インストーラーのファイル名を指定できます。

    • ランタイムをパッケージに含めるMATLAB Runtime インストーラーを含むアプリケーションを生成します。インストーラーのファイル名を指定できます。

      メモ

      このオプションを初めて選択したときに、MATLAB Runtime インストーラーをダウンロードするか、インターネットにアクセスできない場合は CD を入手するように求めるメッセージが表示されます。

  4. [ライブラリ名] フィールドで、パッケージ化された共有ライブラリの名前を libmatrix に変更します。同じ名前が、共有ライブラリの実装時にも使用されます。

アプリケーションとその外観のカスタマイズ

次のように、インストーラーのカスタマイズ、アプリケーションのカスタマイズ、アプリケーションに関する情報の追加を実行できます。

  • ライブラリ情報 — 配布されるアプリケーションに関する情報。また、アプリケーション アイコンとスプラッシュ スクリーンを変更して、アプリケーションの外観をカスタマイズすることもできます。生成されるインストーラーはこの情報を使用して、インストールされるアプリケーションのメタデータを入力します。インストーラーのカスタマイズを参照してください。

  • 追加インストーラー オプション — 生成されるインストーラーの既定のインストール パスと、カスタム ロゴの選択。インストール パスの変更を参照してください。

  • ライブラリの実行に必要なファイル — 生成されるアプリケーションを実行するために必要な追加ファイル。これらのファイルは、生成されるアプリケーション インストーラーに含められます。コンパイラ プロジェクトの必須ファイルの管理を参照してください。

  • エンド ユーザー用にインストールされるファイル — アプリケーションと共にインストールされるファイル。これらのファイルには、以下が含まれます。

    • 生成された readme.txt

    • ターゲット プラットフォーム用に生成される実行可能ファイル

    アプリケーションと共にインストールするファイルの指定を参照してください。

アプリケーションのパッケージ化

  1. パッケージ化されたアプリケーションを生成するには、[パッケージ化] をクリックします。

    [プロジェクトを保存] ダイアログ ボックスで、プロジェクトを保存する場所を指定します。

  2. [パッケージ] ダイアログ ボックスで、[プロセスが完了したら出力フォルダーを開く] が選択されていることを確認します。

    パッケージ化プロセスが完了したら、生成された出力を調べます。

    • ターゲット フォルダーの場所に for_redistributionfor_redistribution_files_onlyfor_testing の 3 つのフォルダーが生成されます。

      これらのフォルダーに生成されるファイルの詳細については、MATLAB 関数のパッケージ化後に生成されるファイルを参照してください。

    • PackagingLog.txtMATLAB Compiler™ により生成されたログ ファイル。

参考

| |

関連するトピック