Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matintrlv

行列の行を埋めて列を空にしてシンボルを並べ替え

説明

intrlvd = matintrlv(data,Nrows,Ncols) は、一時的な行列に行ごとに要素を埋め、行列の内容を列ごとに出力に送り、data の要素を再配置します。Nrows および Ncols は、一時的な行列の次元です。data がベクトルの場合は、Nrows*Ncols 要素をもたなければなりません。data が複数の行と列をもつ行列の場合、data は、Nrows*Ncols 行をもたなければならず、また、この関数は列を独立して処理します。

すべて折りたたむ

関数matintrlvを使用して、行列の行を埋めて列を空にして要素を並べ替えます。

出力の最初の列を作成するために、関数によって一時的な 2 行 3 列の行列 [1 2 3; 4 5 6] が作成されます。その後、[1 4 2 5 3 6] を取得するために、その一時的な行列の各列が上から下に読み込まれます。

b = matintrlv([1 2 3 4 5 6; 2 4 6 8 10 12]',2,3)
b = 6×2

     1     2
     4     8
     2     4
     5    10
     3     6
     6    12

出力の最初の列を作成するために、関数によって一時的な 3 行 2 列の行列 [1 2; 3 4; 5 6] が作成されます。その後、[1 3 5 2 4 6] を取得するために、その一時的な行列の各列が上から下に読み込まれます。

b = matintrlv([1 2 3 4 5 6; 2 4 6 8 10 12]',3,2)
b = 6×2

     1     2
     3     6
     5    10
     2     4
     4     8
     6    12

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入