Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matdeintrlv

行列の列を埋めて行を空にしてシンボルの順序を復元

構文

deintrlvd = matdeintrlv(data,Nrows,Ncols)

説明

deintrlvd = matdeintrlv(data,Nrows,Ncols) は、一時的な行列に列ごとに要素を埋め、行列の内容を行ごとに出力に送り、data の要素を再配置します。Nrows および Ncols は、一時的な行列の次元です。data がベクトルの場合は、Nrows*Ncols 要素をもたなければなりません。data が複数の行と列をもつ行列の場合、data は、Nrows*Ncols 行をもたなければならず、また、この関数は列を独立して処理します。

この関数を関数 matintrlv の逆関数として使用するには、両関数とも同じ Nrows 入力と Ncols 入力を使用します。その場合、2 つの関数は関数 matintrlv の後に関数 matdeintrlv を適用してもデータが変更されないという意味で、逆関数といえます。

以下のコードは、matintrlvmatdeintrlv の逆関数の関係を説明しています。

Nrows = 2; Ncols = 3;
data = [1 2 3 4 5 6; 2 4 6 8 10 12]';
a = matintrlv(data,Nrows,Ncols); % Interleave.
b = matdeintrlv(a,Nrows,Ncols) % Deinterleave.

以下の出力は、bdata と同じであることを示しています。

b =

     1     2
     2     4
     3     6
     4     8
     5    10
     6    12

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入