Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

General Multiplexed Deinterleaver

指定した遅延シフト レジスタを使用してシンボルの順序を復元

ライブラリ

Interleaving の Convolutional サブライブラリ

説明

General Multiplexed Deinterleaver ブロックは、General Multiplexed Interleaver ブロックを使用してインターリーブされたシーケンスの元の順序を復元します。

標準の使い方では、2 つのブロックのパラメーターは同じ値になります。その結果、[Interleaver delay] パラメーター、V が対応する "インターリーバー" で各シフト レジスタの遅延を指定し、デインターリーバーのシフト レジスタの遅延が実際には max(V)-V になるようにします。

このブロックは、実数または複素数のスカラーまたは列ベクトル入力信号を受け入れます。出力信号は入力信号と同じサンプル時間をもちます。

このブロックは、データ型 int8uint8int16uint16int32uint32booleansingledouble、および固定小数点を受け入れます。出力のデータ型は入力信号のデータ型と同じになります。

パラメーター

Interleaver delay (samples)

対応するインターリーバーの各シフト レジスタに適合するシンボルの数をリストするベクトル。このベクトルの長さは、シフトレジスタ数です。

Initial conditions

シミュレーションの開始時に各シフト レジスタを満たす値。

参考文献

[1] Heegard, Chris and Stephen B. Wicker. Turbo Coding. Boston: Kluwer Academic Publishers, 1999.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入