Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

General Multiplexed Interleaver

指定した遅れをもつシフトレジスタを使ってシンボルを並べ替える

ライブラリ

Interleaving の Convolutional サブライブラリ

  • General Multiplexed Interleaver block

説明

General Multiplexed Interleaver block ブロックは入力信号内のシンボルを並べ替えます。内部的には、このブロックはそれぞれ独自の遅延をもつ一連のシフト レジスタを使用します。

このブロックは、実数または複素数のスカラーまたは列ベクトル入力信号を受け入れます。入力信号と出力信号のサンプル時間は同じです。

このブロックは、データ型 int8uint8int16uint16int32uint32booleansingledouble、および固定小数点を受け入れます。出力信号のデータ型は、入力信号のデータ型と同じです。

パラメーター

Interleaver delay (samples)

各シフト レジスタに適合するシンボルの数をリストする列ベクトル。このベクトルの長さは、シフトレジスタ数です。(サンプルベース モードでは、 行ベクトルになる場合もあります)。

Initial conditions

シミュレーションの開始時に各シフト レジスタを満たす値。

[Initial conditions] がスカラーの場合、その値はすべてのシフト レジスタを満たします。[Initial conditions] が列ベクトルの場合、各エントリが対応するシフト レジスタを満たします (サンプルベース モードでは、[Initial conditions] が行ベクトルになる場合もあります)。所定のシフト レジスタの遅延がゼロの場合、[Initial conditions] ベクトルの対応するエントリの値は重要ではありません。

参考文献

[1] Heegard, Chris and Stephen B. Wicker. Turbo Coding. Boston: Kluwer Academic Publishers, 1999.

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入