Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Baseband File Writer

ベースバンド信号のファイルへの書き込み

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Comm Sinks

説明

Baseband File Writer ブロックは、ベースバンド信号を特定のタイプのバイナリ ファイルに書き込みます。ベースバンド信号は、通常はゼロでない中心周波数から 0 Hz にダウンコンバートされます。入力信号のサンプル時間とフレーム サイズ、および中心周波数によって決定されるサンプルレートは、信号がファイルに書き込まれたときに保存されます。

端子

入力

すべて展開する

この端子は、[Baseband file name] パラメーターにより指定されるファイル名で保存されるベースバンド信号を受け入れます。保存される信号は常に複素数です。

データ型: single | double
複素数のサポート: あり

パラメーター

すべて展開する

ベースバンド ファイル名を文字ベクトルとして指定します。

ファイルの保存先の場所を指定するには、[Browse] をクリックします。

中心周波数を Hz 単位で非負のスカラーとして指定します。

ベースバンド信号を記述するデータを構造体として指定します。信号に記述データがない場合、このパラメーターは空の構造体になります。構造体には任意の数のフィールドを含めることができます。フィールド名に制限はありませんが、フィールド値は任意の次元をもつ数値、論理値、文字のデータ型でなければなりません。

書き込む数を指定します。このパラメーターが inf の場合、すべてのサンプルが保存されます。それ以外の場合、最後の N 個のサンプルのみが保存されます。ここで、N はこのパラメーターで指定します。

コード生成

モデルの最初の実行時に、コード生成をサポートする MATLAB® 関数のみを使用してブロックのシミュレーションとコード生成が行われます。ブロックの構造が変更されていない場合は、以降のモデルの実行でコードは再生成されません。

インタープリター型実行

サポートされるすべての MATLAB 関数を使用してモデルをシミュレートします。このオプションを使用するとシミュレーションのパフォーマンスが遅くなる場合があります。

ブロックの特性

データ型

double | integer | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

ヒント

  • Baseband File Writer ブロックは、ベースバンド信号を圧縮なしのバイナリ ファイルに書き込みます。これらのファイルを共有するために、関数 zip を使用して zip ファイルに圧縮できます。詳細については、zip アーカイブの作成と解凍を参照してください。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

ブロック

R2016b で導入