Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Baseband File Reader

ベースバンド信号のファイルからの読み取り

  • ライブラリ:
  • Communications Toolbox / Comm Sources

説明

Baseband File Reader ブロックは、ベースバンド ファイルから信号を読み取ります。ベースバンド ファイルは特定のタイプのバイナリ ファイルで、Baseband File Writer ブロックにより書き込まれます。ベースバンド信号は、通常はゼロでない中心周波数から 0 Hz にダウンコンバートされます。ブロックはサンプルレート、中心周波数、チャネル数および任意の記述データを自動的に読み取ります。

端子

出力

すべて展開する

ベースバンド信号。スカラー、ベクトルまたは行列として返されます。信号は [Baseband file name] パラメーターで指定されたファイルから読み取ります。サンプル時間はファイルから継承するか、[Sample Time (s)] パラメーターで設定できます。

データ型: double
複素数のサポート: あり

ファイルの終端インジケーター。論理スカラーで返されます。[Repeatedly read the file] パラメーターが false の場合、出力は true で、ファイル全体が読み取られます。この端子を有効にするには、[Output end-of-file indicator] パラメーターを選択します。

パラメーター

すべて展開する

ベースバンド ファイル名を文字ベクトルとして指定します。

[Browse] をクリックして、読み取るベースバンド ファイルを見つけます。[File Info] をクリックして、この情報を表示します。

  • ファイル名

  • サンプルレート

  • 中心周波数

  • サンプル数

  • チャネル数

  • データ型

  • 任意のメタデータ フィールド

データ型: char

このチェック ボックスをオンにして、[Baseband file name] で指定したファイルからサンプル時間を継承します。

ブロックのサンプル時間を秒単位で正のスカラーとして指定します。このパラメーターを有効にするには、[Inherit sample time from file] チェック ボックスをオフにします。

フレームあたりのサンプル数を正の整数スカラーで指定します。

このチェック ボックスをオンにして、ベースバンド ファイルの内容を繰り返し読み取ります。ファイルの終わりに達すると、次のようになります。

  • [Repeatedly read the file] パラメーターが選択されていない場合 (off)、ブロックは 0 を出力します。

  • [Repeatedly read the file] パラメーターが選択されている場合 (on)、ブロックはファイルの最初からサンプルを出力します。

実行するシミュレーションのタイプ。[コード生成] または [インタープリター型実行] として指定します。

  • コード生成 –– 生成された C コードを使用してモデルをシミュレートします。シミュレーションの初回実行時、Simulink® は対象ブロックの C コードを生成します。この C コードは、モデルが変更されない限り以降のシミュレーションで再利用されます。このオプションを使用すると、シミュレーションの起動時間は長くなりますが、以降のシミュレーションの速度は [インタープリター型実行] よりも速くなります。

  • インタープリター型実行 –– MATLAB® インタープリターを使用してモデルをシミュレートします。このオプションを使用すると、[コード生成] 方式よりも必要な起動時間が短縮されますが、以降のシミュレーションの速度が遅くなります。このモードで、ブロックのソース コードをデバッグできます。

ブロックの特性

データ型

double | integer | single

多次元信号

なし

可変サイズの信号

なし

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

ブロック

R2016b で導入