Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

zip アーカイブの作成と解凍

zip アーカイブの作成

zip ファイルを使用してアーカイブを作成し、ファイルをバックアップしたり、ファイル ストレージ スペースを節約したり、多数のファイルを他人と共有します。空のアーカイブを作成したり、ファイルおよびフォルダーを選択して初期のアーカイブを作成できます。いずれの場合でも、後でファイルを追加することができます。

現在のフォルダー ブラウザーを使用して対話的に zip アーカイブを作成するには、次のようにします。

  • 空の zip ファイルを作成するには、空白の場所を右クリックして、[新規作成][Zip ファイル] を選択する。

  • 選択したファイルおよびフォルダーを含む zip ファイルを作成するには、アーカイブするフォルダーとファイルを選択して右クリックし、[Zip ファイルの作成] を選択する。

MATLAB® は、既定の名前 Untitledn.zip (n は整数) のアーカイブを作成します。

既定のファイル名を入力して、ここで示す listmaster_export.zip など、わかりやすい名前を指定します。

関数 zip を使用して、zip アーカイブをプログラムによって作成することもできます。たとえば、現在のフォルダー内の、拡張子が .m および .mat であるすべてのファイルを backup.zip という名前の zip ファイル アーカイブに圧縮するには、次のように呼び出します。

zip('backup',{'*.m','*.mat'});

ファイルの zip アーカイブへの追加

現在のフォルダー ブラウザーで zip ファイル アーカイブにファイルとフォルダーを追加するには、以下のいずれかを実行します。

  • アーカイブに追加するファイルを選択し、ドラッグする。

  • アーカイブに追加するファイルをコピーして、ファイルの追加先のアーカイブを選択し、ファイルをアーカイブに貼り付ける。

zip アーカイブからのファイルの解凍

[現在のフォルダー] ブラウザーで zip ファイル アーカイブから 1 つのファイルを解凍するには、以下の手順に従います。

  1. その関連する zip ファイルの + (展開) ボタンをクリックし、zip ファイル アーカイブを展開してアーカイブの内容を表示します。既定の設定では、zip ファイル アーカイブ内のファイルはグレー表示され、MATLAB パス上にないことを示します。

  2. ファイルを現在のフォルダー ブラウザーのフォルダーにドラッグする

MATLAB はファイルを解凍して、ドラッグまたは貼り付けた先のフォルダーに保存します。

zip ファイルの内容をすべて解凍するには、現在のフォルダー ブラウザーで zip ファイルをダブルクリックします。MATLAB は zip ファイルと同じ名前のフォルダーを作成し、zip ファイルのすべての内容をこのフォルダーに解凍します。

zip ファイルの内容をプログラムによって解凍するには、関数 unzip を使用します。unzip ではターゲット フォルダーを指定することもできます。たとえば、ファイル examples.zipmyfolder という名前のフォルダーに解凍するには、次のように呼び出します。

unzip('examples.zip','myfolder')

メモ

MATLAB 外で作成されたアーカイブは、暗号化やパスワードで保護されている場合があります。保護されたアーカイブに MATLAB 内からファイルを追加したり解凍したりすることはできません。

zip アーカイブと zip されていないファイルとの比較

アーカイブしたファイルとアーカイブされていないファイルとの相違点を確認するには、他のファイルとフォルダーと同様に、現在のフォルダー ブラウザーから比較ツールを使用します。

  • zip アーカイブを右クリックして、コンテキスト メニューから [比較対象を指定] を選択して、zip アーカイブの内容と比較するフォルダーを指定します。

  • zip アーカイブを展開して、その中のファイルを右クリックし、コンテキスト メニューから [比較対象を指定] を選択します。アーカイブされたファイルと比較するファイルを指定します。

参考

|

関連するトピック