Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

addCustomBasemap

カスタム ベースマップの追加

説明

addCustomBasemap(basemapName,URL) は、URL で指定されたカスタム ベースマップを、マッピング関数で使用できるベースマップのリストに追加します。basemapName は、カスタム ベースマップを呼び出すための選択した名前です。追加したベースマップは、今後の MATLAB® セッションで引き続き使用できます。

addCustomBasemap(___,Name,Value) は、ベースマップの追加パラメーターを設定する名前と値の引数を指定します。

すべて折りたたむ

OpenTopoMap® ベースマップ上の位置を表示するカスタム ベースマップを追加します。その後、siteviewer からカスタム ベースマップを削除します。

以下を行うためにシミュレーション変数を初期化します。

  • カスタム ベースマップを指定するために使用する名前を定義します。

  • マップ データを提供する Web サイトを指定します。URL の最初の文字は、データを取得するために使用するサーバーを示します。負荷分散のために、プロバイダーには使用可能な 3 つのサーバー a、b、c があります。

  • マップ データのプロバイダーのクレジットを示すためにマップ上に表示する属性を作成します。Web マップ プロバイダーが、属性に関する特定の要件を定義している場合があります。

  • カスタム マップの表示名を定義します。

name = 'opentopomap';
url = 'a.tile.opentopomap.org';
copyright = char(uint8(169));
attribution = copyright + "OpenStreetMap contributors";
displayName = 'Open Topo Map';

addCustomBasemap を使用してカスタム ベースマップを読み込んでから、カスタム ベースマップを読み込む siteviewer オブジェクトを作成します。

addCustomBasemap(name,url,'Attribution',attribution','DisplayName',displayName)
viewer = siteviewer('Basemap',name);

カスタム ベースマップを siteviewer に追加すると、今後 siteviewer を呼び出すときにカスタム ベースマップを使用できます。'Open Topo Map' アイコンが [Imagery] タブ内に表示されることに注意してください。

siteviewer;

removeCustomBasemap を使用して、今後呼び出される siteviewer からカスタム ベースマップを削除します。'Open Topo Map' アイコンが [Imagery] タブ内に表示されなくなったことに注意してください。

removeCustomBasemap(name)
siteviewer;

入力引数

すべて折りたたむ

ベースマップをプログラムで識別するために使用する名前。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

例: 'openstreetmap'

データ型: string | char

パラメーター化されたマップ URL。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。パラメーター化された URL はマップ タイルのインデックスであり、${z}/${x}/${y}.png または {z}/{x}/{y}.png として書式化します。ここで、

  • ${z} または {z} はタイルのズーム レベルです。

  • ${x} または {x} はタイルの列インデックスです。

  • ${y} または {y} はタイルの行インデックスです。

例: 'https://hostname/${z}/${x}/${y}.png'

データ型: string | char

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に指定しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用して名前と値の各ペアを区切り、Name を引用符で囲みます。

例: addCustomBasemap(basemapName,URL,"Attribution",attribution)

カスタム ベースマップの属性。string スカラー、string 配列、文字ベクトル、または文字ベクトルの cell 配列として指定します。複数行の属性を作成するには、string 配列または文字ベクトルの非スカラー cell 配列を指定します。

URL からカスタム ベースマップを作成する場合、既定の属性は 'Tiles courtesy of DOMAIN_NAME_OF_URL' になります。ここで、DOMAIN_NAME_OF_URLURL 入力引数からのドメイン名です。ホストが 'localhost' の場合または URL に IP 番号のみが含まれている場合、属性を空の string ("") として指定します。

例: "Credit: U.S. Geological Survey"

データ型: string | char | cell

カスタム ベースマップの表示名。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

例: "OpenStreetMap"

データ型: string | char

ベースマップの最大ズーム レベル。[0, 25] の範囲の整数として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

MATLAB Compiler を使用してマップを展開可能にするオプション。数値または logical 0 (false) または 1 (true) として指定します。

データ型: logical

制限

関数 addCustomBasemap は、ベクトル マップ タイルからのカスタム ベースマップの追加をサポートしていません。

ヒント

  • OpenStreetMap®、USGS National Map、Mapbox、DigitalGlobe、Esri® ArcGIS Online、国土地理院 (GSI)、および HERE Technologies などさまざまなベンダーが提供しているタイル配置された Web マップを見つけることができます。マップ ベンダーのサービス利用規約を順守し、使用するマップに正確な属性を含めてください。

  • Mapping Toolbox™ がある場合は、MBTiles ファイルからカスタム ベースマップを作成できます。詳細については、addCustomBasemap (Mapping Toolbox) を参照してください。

  • 使用可能なベースマップのリストにアクセスするには、Tab キーを押してからプロット関数にベースマップを指定します。このイメージは、USGS National Map からのいくつかのカスタム ベースマップを含む、使用可能なベースマップのサンプル リストを示しています。

    Plotting function in MATLAB with list of available basemaps to select from

参考

| | | (Mapping Toolbox)

トピック