最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

可変サイズ データ

定義、コード生成での相違点、動的メモリ割り当て

関数

coder.varsize可変サイズのデータの宣言

トピック

可変サイズの配列のコード生成

可変サイズ データは、コンパイル時にサイズが不明または実行時にサイズが変更可能なデータです。

コード生成のための可変サイズ データの定義

可変サイズ データを定義する方法を選択します。

可変サイズの配列に対するメモリ割り当ての制御

動的メモリ割り当てが使用される場合に制御します。

可変サイズ データのためのコード生成

実行時にサイズが変化する可能性のあるデータのためのコードを生成します。

可変サイズ配列の上限の指定

動的メモリ割り当てを回避するには、可変サイズ配列の上限を指定します。

生成された関数インターフェイスでの C 配列の使用

生成された関数インターフェイスから配列を理解して使用する

コード生成時の可変サイズのサポートに関する MATLAB との非互換性

場合によっては、生成されたコード内の可変サイズ データの結果は MATLAB® の結果と異なります。

ツールボックス関数のコード生成に対する可変サイズの制限

可変サイズ データの制限の一部は複数のツールボックスの関数に適用されます。

トラブルシューティング

可変サイズ データ エラーの診断と修正

サイズの不一致と上限検出のエラーをトラブルシューティングします。