Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR 基本ソフトウェア サービス呼び出しのモデル化

AUTOSAR Classic Platform の場合、AUTOSAR 規格では、重要なサービスを AUTOSAR ランタイム環境 (RTE) で実行される基本ソフトウェア (BSW) の一部として定義しています。例としては、Diagnostic Event Manager (Dem)、Function Inhibition Manager (FiM) および NVRAM Manager (NvM) によって提供されるサービスがあります。AUTOSAR RTE では、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントは通常、クライアント/サーバー通信または送信側/受信側通信を使用して BSW サービスにアクセスします。

AUTOSAR コンポーネントおよびサービスのシステムレベルでのモデル化をサポートするために、AUTOSAR Blockset には AUTOSAR Basic Software ブロック ライブラリが備わっています。このライブラリには、AUTOSAR BSW サービスに対するコンポーネント呼び出しをモデル化するために、事前設定された Function Caller ブロックが含まれています。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントで AUTOSAR BSW サービス インターフェイスに対するクライアント呼び出しを実装するには、基本ソフトウェア ブロックを AUTOSAR モデルにドラッグ アンド ドロップします。[Client port name][Operation] などの各ブロックのパラメーターには、値が事前に入力されています。オペレーションの選択を編集すると、ブロックの入力と出力が対応するようにソフトウェアが更新されます。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントで追加されたブロックを設定するには、モデルのコード マッピング エディター ビューで [更新] ボタン をクリックします。ソフトウェアで AUTOSAR クライアント サービス インターフェイス、オペレーションおよびポートが作成され、各 Simulink® 関数呼び出しが AUTOSAR クライアント ポートとオペレーションにマッピングされます。

詳細については、AUTOSAR Diagnostic Event Manager サービスの呼び出しの構成AUTOSAR Function Inhibition Manager サービスの呼び出しの構成およびAUTOSAR NVRAM Manager サービスの呼び出しの構成を参照してください。

BSW サービスを呼び出す AUTOSAR コンポーネント モデルのシミュレーションを実行するには、含まれるコンポジション、システムまたはハーネス モデルを作成します。その含まれるモデルで、コンポーネントによって呼び出される Dem サービス オペレーションと NvM サービス オペレーションの参照実装を提供します。

AUTOSAR Basic Software ブロック ライブラリには Diagnostic Service Component ブロックと NVRAM Service Component ブロックが含まれます。ブロックは、Dem/FiM サービス オペレーションおよび NvM サービス オペレーションの参照実装を提供します。Dem サービス、FiM サービス、および NvM サービスに対するコンポーネント呼び出しのシミュレーションをサポートするには、含まれているモデル内にこれらのブロックを含めます。ブロックは次の 2 つの方法のいずれかで挿入できます。

  • Simulink Test™ ハーネス モデルを作成することにより、自動的にブロックを挿入する。

  • 含まれるコンポジション、システムまたはハーネス モデルに手動でブロックを挿入する。

詳細については、シミュレーション用の AUTOSAR 基本ソフトウェア サービス実装の構成およびAUTOSAR 基本ソフトウェア サービスとランタイム環境のシミュレーションを参照してください。

関連する例

詳細