Main Content

NvMServiceCaller

AUTOSAR NVRAM Manager (NvM) サービス インターフェイス NvMService の呼び出し

  • ライブラリ:
  • AUTOSAR Blockset / Classic Platform / Basic Software / NVRAM Manager (NvM)

  • NvMServiceCaller block

説明

AUTOSAR 規格では、NVRAM Manager (NvM) サービスを AUTOSAR ランタイム環境 (RTE) で実行される基本ソフトウェア (BSW) の一部として定義しています。AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントは、クライアント/サーバー呼び出しを介して NvM サービスにアクセスします。NvMServiceCaller ブロックは AUTOSAR NvM サービス インターフェイス NvMService を呼び出して、指定したオペレーションを初期化します。

パラメーター

すべて展開する

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントが NvM サービス インターフェイス NvMService の呼び出しに使用するクライアント ポートの名前を入力します。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントが NvM サービス インターフェイス NvMService から呼び出すオペレーションを選択します。オペレーションは AUTOSAR 規格で定義されます。オペレーションを選択すると、オペレーションをサポートするためにブロックの入力端子と出力端子が生成されます。

オペレーションで読み取りまたは書き込みを行うデータのデータ型および次元を指定する MATLAB 式。

  • 多次元データ型を指定するには、int8([1 1; 1 1]) のような配列構文を使用できます。

  • 構造化データ型を指定するには、Simulink.Parameter データ オブジェクトを作成して Simulink.Bus オブジェクトで型を指定し、パラメーター名を参照します。

例については、Simulink Function ブロックの引数の指定を参照してください。

依存関係

[Operation]ReadBlockRestoreBlockDefaults または WriteBlock に設定されている場合、このパラメーターを指定します。

ブロックのサンプル時間。既定の設定では、ブロックはそのサンプル時間をモデルから継承するように設定されます。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2016b で導入