Main Content

Software Composition

AUTOSAR アーキテクチャ モデル内のソフトウェア コンポジションをモデル化します。

  • ライブラリ:
  • AUTOSAR Blockset

  • Software Composition block

説明

AUTOSAR アーキテクチャ モデルでは、コンポジション エディターと Simulink® ツールストリップの [モデル化] タブを使用してコンポジションとコンポーネントの追加と接続を行います。Software Composition ブロックを使用して、入れ子にされたソフトウェア コンポジションを AUTOSAR ソフトウェア設計に追加します。

入れ子にされた AUTOSAR コンポジションを追加および接続するには、次を行います。

  • [モデル化] タブまたはパレットで、Software Composition ブロックを追加する。

  • コンポジションの要求側ポートと提供側ポートを追加する。各コンポジション ポートを追加するには、Software Composition ブロックの端をクリックします。ポートのコントロールが表示されたら、要求側ポートには [Input]、提供側ポートには [Output] を選択します。

    あるいは、Software Composition ブロックを開きます。各コンポジション ポートを追加するには、コンポジション ブロック線図の境界をクリックします。ポートのコントロールが表示されたら、要求側ポートには [Input]、提供側ポートには [Output] を選択します。

  • Software Composition ブロックを他のブロックに接続するには、ブロックの端子を信号線で接続する。

  • Software Composition ブロックをアーキテクチャまたはコンポジション モデルのルート端子に接続するには、コンポジションのポートから、それが含まれるモデルの境界にドラッグする。接続を解放すると、境界にルート端子が作成されます。

  • プロパティ インスペクターを使用して追加の AUTOSAR プロパティを設定する。

AUTOSAR コンポジションには、共通の目的をもつ一連の AUTOSAR コンポーネントとコンポジションが含まれます。コンポジションを追加するには、Software Composition ブロックを開いて、さらなる Software Component ブロックおよび Software Composition ブロックの追加を開始します。

端子

入力

すべて展開する

AUTOSAR ソフトウェア コンポジションのポート インターフェイスにある要求側ポート。

出力

すべて展開する

AUTOSAR ソフトウェア コンポジションのポート インターフェイスにある提供側ポート。

バージョン履歴

R2019b で導入