Main Content

setPlatformProperty

インターフェイス ディクショナリ内のデータ インターフェイスまたはデータ要素の AUTOSAR プロパティの設定

R2022b 以降

説明

setPlatformProperty(platformMapping,dictElementObj,Name=Value) は、AUTOSAR Classic Platform にマッピングされたインターフェイス ディクショナリ内の指定されたディクショナリ要素の指定されたプラットフォーム プロパティを設定します。データ インターフェイス オブジェクトまたはデータ要素オブジェクトをディクショナリ要素として指定できます。

すべて折りたたむ

指定したデータ インターフェイスに対する AUTOSAR のパッケージや通信のプロパティを設定するには、関数 setPlatformProperty を使用します。関連する関数のワークフローを示す詳細な例については、インターフェイス ディクショナリでの AUTOSAR Classic のデータ インターフェイスとプロパティの構成を参照してください。

dictAPI = Simulink.interface.dictionary.open('MyInterfaces.sldd');
platformMapping = getPlatformMapping(dictAPI,'AUTOSARClassic');
interfaceObj = getInterface(dictAPI,'DataInterface');

setPlatformProperty(platformMapping,interfaceObj,IsService=false,...
    Package='/Interface3',InterfaceKind='SenderReceiverInterface');

指定したデータ要素に対する AUTOSAR の SwAddrMethod やキャリブレーションのプロパティを設定するには、関数 setPlatformProperty を使用します。

platformMapping = getPlatformMapping(dictAPI, 'AUTOSARClassic');
interfaceObj = getInterface(dictAPI, 'DataInterface');
dataElementObj = getElement(interfaceObj,'DE1'); 

setPlatformProperty(platformMapping,dataElementObj,SwAddrMethod='VAR1',...
    SwCalibrationAccess='ReadWrite',DisplayFormat='%.3f');  

入力引数

すべて折りたたむ

プラットフォーム マッピング オブジェクト。autosar.dictionary.ARClassicPlatformMapping オブジェクトとして指定します。

AUTOSAR プラットフォーム固有のプロパティと値にアクセスするディクショナリ オブジェクト内の要素。Simulink.interface.dictionary.DataInterface オブジェクトまたは Simulink.interface.dictionary.DataElement オブジェクトとして指定します。

この引数は、addDataInterface または getInterface の以前の呼び出しで返されたデータ インターフェイス オブジェクト、あるいは addElement または getElement の以前の呼び出しで返されたデータ要素オブジェクトにすることができます。

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に配置しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用して各名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: SwAddrMethod='VAR1'

指定した AUTOSAR データ要素オブジェクトのキャリブレーション表示形式。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。AUTOSAR の表示形式仕様は、キャリブレーション データおよび測定データを表示する幅と精度を制御します。

例: DisplayFormat='%2.6f'

指定した AUTOSAR インターフェイス オブジェクト用に表されている AUTOSAR 通信インターフェイスの種類。'SenderReceiverInterface''NvDataInterface'、および 'ModeSwitchInterface' として指定します。

例: InterfaceKind='SenderReceiverInterface'

インターフェイスがサービス インターフェイスかどうか。true または false として指定します。

例: IsService=false

指定した AUTOSAR インターフェイス オブジェクトの要素パッケージの完全修飾パス。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: Package='/Interface2'

指定した AUTOSAR データ要素オブジェクトに対して有効な SwAddrMethod 名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。コード生成では、SwAddrMethod 名を使用して、メモリ セクションで AUTOSAR パラメーターをグループ化し、キャリブレーション ツールおよび測定ツールからアクセスできるようにします。

例: SwAddrMethod='VAR'

指定した AUTOSAR データ要素オブジェクトのデータへのキャリブレーション ツールと測定ツールからのアクセス方法。'ReadOnly''ReadWrite'、および 'NotAccessible' として指定します。

例: SwCalibrationAccess='ReadOnly'

バージョン履歴

R2022b で導入