Main Content

getPlatformProperties

インターフェイス ディクショナリからの AUTOSAR プラットフォーム プロパティの取得

R2022b 以降

説明

[propNames,propVals] = getPlatformProperties(platformMapping,dictElementObj) は、指定されたディクショナリ要素について、AUTOSAR Classic Platform 固有のプロパティとその値を返します。データ インターフェイス オブジェクトまたはデータ要素オブジェクトをディクショナリ要素として指定できます。

すべて折りたたむ

指定したデータ インターフェイスに対して定義されている AUTOSAR 通信インターフェイスの種類や要素パッケージのパスなど、データ インターフェイスについてのプラットフォーム固有のプロパティを取得するには、関数 getPlatformProperties を使用します。関連する関数のワークフローを示す詳細な例については、インターフェイス ディクショナリでの AUTOSAR Classic のデータ インターフェイスとプロパティの構成を参照してください。

dictAPI = Simulink.interface.dictionary.open('MyInterfaces.sldd');
platformMapping = getPlatformMapping(dictAPI,'AUTOSARClassic');
interfaceObj = getInterface(dictAPI,'DataInterface');

[propNames,propValues] = ...
   getPlatformProperties(platformMapping,interfaceObj)
propNames =

  1×3 cell array

    {'IsService'}    {'Package'}    {'InterfaceKind'}


propValues =

  1×3 cell array

    {[0]}    {'/Interface2'}    {'NvDataInterface'}

指定したデータ要素に対する SwAddrMethod の情報など、データ インターフェイス内のデータ要素についてのプラットフォーム固有のプロパティを取得するには、関数 getPlatformProperties を使用します。関連する関数のワークフローを示す詳細な例については、インターフェイス ディクショナリでの AUTOSAR Classic のデータ インターフェイスとプロパティの構成を参照してください。

dictAPI = Simulink.interface.dictionary.open('MyInterfaces.sldd');
platformMapping = getPlatformMapping(dictAPI,'AUTOSARClassic');
interfaceObj = getInterface(dictAPI,'DataInterface');
dataElementObj = getElement(interfaceObj,'DE1');

[propNames,propValues] = ...
   getPlatformProperties(platformMapping,dataElementObj)
propNames =

  1×3 cell array

    {'SwAddrMethod'}    {'SwCalibrationAccess'}    {'DisplayFormat'}


propValues =

  1×3 cell array

    {'VAR1'}    {'ReadWrite'}    {'%.3f'}

入力引数

すべて折りたたむ

プラットフォーム マッピング オブジェクト。autosar.dictionary.ARClassicPlatformMapping オブジェクトとして指定します。

AUTOSAR プラットフォーム固有のプロパティと値にアクセスするディクショナリ オブジェクト内の要素。Simulink.interface.dictionary.DataInterface オブジェクトまたは Simulink.interface.dictionary.DataElement オブジェクトとして指定します。

この引数は、addDataInterface または getInterface の以前の呼び出しで返されたデータ インターフェイス オブジェクト、あるいは addElement または getElement の以前の呼び出しで返されたデータ要素オブジェクトにすることができます。

出力引数

すべて折りたたむ

選択したディクショナリ要素およびプラットフォーム マッピングのプロパティの名前。文字ベクトルの cell 配列または string 配列として指定します。

データ インターフェイス オブジェクトの場合、AUTOSAR のプロパティには 'IsService''Package''InterfaceKind' が含まれます。

データ要素オブジェクトの場合、AUTOSAR のプロパティには 'SwAddrMethod''SwCalibrationAccess''DisplayFormat' が含まれます。

選択したディクショナリ要素およびプラットフォーム マッピングのプロパティの値。文字ベクトルの cell 配列または string 配列として指定します。

データ インターフェイス オブジェクトの場合、返されるプロパティには以下が含まれます。

プロパティ戻り値
IsServiceサービス インターフェイスの場合に true に設定。Boolean として返されます。
Package要素パッケージの完全修飾パス。character vector として返されます。
InterfaceKindAUTOSAR 通信インターフェイス。character vector として返されます。有効な値は 'SenderReceiverInterface''NvDataInterface''ModeSwitchInterface' です。

データ要素オブジェクトの場合、返されるプロパティには以下が含まれます。

プロパティ戻り値
SwAddrMethod以前に定義されたソフトウェア アドレス メソッドの名前。character vector として返されます。
SwCalibrationAccessデータ オブジェクトに対するキャリブレーション ツールおよび測定ツールのアクセス。character vector として返されます。有効な値は 'ReadOnly''ReadWrite''NotAccessible' です。
DisplayFormatAUTOSAR の表示形式仕様。character vector として返されます。

バージョン履歴

R2022b で導入