MathWorks、MATLAB および SimulinkのRelease 2022aを発表

5つの新製品、11製品のメジャーアップデート、および多くの新機能を導入

Natick, Massachusetts, United States - (2022年3月15日)

MathWorks は本日、MATLAB および Simulink 製品ファミリの「Release 2022a (以下、R2022a)」を発表しました。R2022aでは、5つの新製品および11製品のメジャーアップデートのほか、MATLAB®およびSimulink®における多くの機能追加およびアップデートが行われています。MATLABの新機能では、複数の新しいアプリとApp Designer機能、グラフィックスの強化のほか、ライブ エディター タスクをカスタマイズする機能が追加されました。また、Simulinkのアップデートにより、新しいマスクエディターを使用したマスク作成ワークフローの合理化や、モデル参照におけるローカルソルバーを使用したシミュレーションの高速化が可能になります。

R2022aでは、無線通信、産業用通信、自動運転に対応した新製品も導入されています。

  • Bluetooth® Toolbox 

MathWorks Bluetooth® Toolbox には、Bluetooth通信システムの設計、シミュレーション、および検証を行うための標準規格に基づくツールが用意されています。本製品は、テスト波形生成、ゴールデン リファレンス検証、Bluetoothネットワーク モデリングに対応しています。

  • DSP HDL Toolbox

DSP HDL Toolbox™ には、無線、レーダー、オーディオ、センサー処理などの信号処理アプリケーションを開発するための、検証済みのハードウェア対応Simulinkブロックおよびサブシステムが用意されています。本製品には、MATLABおよびSimulinkとのインターフェイス用のテンプレートや参照例も含まれています。

  • Industrial Communication Toolbox

Industrial Communication Toolbox™ により、MATLABおよびSimulinkから直接、産業プラントのライブデータおよびヒストリカルデータにアクセスできるようになります。ユーザーは分散制御システム、監視制御およびデータ収集システム、プログラマブル ロジック コントローラーなどのデバイスから OPC Unified Architecture (UA)データの読み取り、書き込み、ロギング(記録)を実行できます。

  • Wireless Testbench

Wireless Testbench™ には、USRP™ などの市販のソフトウェア無線機 (SDR) ですぐに実行できる、無線信号を使用した高速データ送信、受信、スペクトル モニタリングのリファレンス アプリケーションが用意されています。

  • RoadRunner Scenario

RoadRunner Scenario™  は、自動運転システムのシミュレーションとテストを実行するためのシナリオを設計できる対話型のエディターです。このエディターを使用して、車両や経路を配置し、ロジックを定義してシナリオのパラメーター化を行い、エディター上でシナリオをシミュレーションします。ユーザーは、組み込みの車両アクターを選択するか、MATLABおよびSimulink、またはCARLAを使用して、独自の車両アクターを設計できます。

上記の新製品に加えて、R2022aには、MATLAB Compiler SDK、MATLAB Production Server、Robotics System Toolbox、Simulink Real-Timeのほか、信号処理、金融工学や、検証、妥当性確認、およびテストの各分野における製品の主要なアップデートが行われています。R2022aは今すぐにダウンロード可能です。MATLABおよびSimulink製品ファミリに関するすべての新製品、拡張機能、およびバグ修正の詳細については、R2022a のハイライトページをご覧ください。

MathWorks について

MathWorks は、数学的計算で業界をリードする世界的なソフトウェア開発会社です。MATLAB は、エンジニアと科学者のための言語として、アルゴリズム開発、データ解析、可視化、数値計算のためのプログラミング環境を提供します。Simulink は、マルチドメインおよび組み込みエンジニアリング システムのシミュレーションとモデルベースデザインのためのブロック線図環境です。世界中のエンジニアや科学者が、自動車、航空宇宙、通信、エレクトロニクス、産業オートメーションなどの産業分野において、検出、革新、開発を加速させるためのツールとしてこれらの製品を利用しています。また、MATLAB および Simulink は、教育および研究に欠かせないツールとして、世界各国の大学や教育機関において活用されています。MathWorks は 1984 年に設立され、現在はマサチューセッツ州ネイティックを本拠地とし、世界 16 か国で 5000 名以上の従業員が活躍しています。詳細については、jp.mathworks.com をご覧ください。

MATLAB and Simulink are registered trademarks of The MathWorks, Inc. See mathworks.com/trademarks for a list of additional trademarks. Other product or brand names may be trademarks or registered trademarks of their respective holders.