Wireless Testbench

高速送受信

オンボードメモリを使用して、サポートされている SDR ハードウェアでフルレート (最大 250 Msps) のデータ送受信を行います。MATLAB と SDR ハードウェア間の最適化されたデータ I/O を使用して、ベースバンド信号をリアルタイムで解析します。

USRP ハードウェアサポート

NI ブランドである Ettus Research™ のサポート対象 SDR ハードウェア内の FPGA で、リファレンス アプリケーションを実行します。

プリアンブル検出

プログラム可能な相互相関器に基づくプリアンブル検出器を使用して、信号を検出します。しきい値を用いて、目的の信号の取得をトリガーします。リファレンス アプリケーションを FPGA に直接展開します。

事前構築済みのリファレンス アプリケーション

FPGA 上で無線信号の送信、記録、および解析をリアルタイムで行うリファレンス・アプリケーションを実行します。MATLAB でスペクトルを監視し、可視化します。

任意のサンプルレート

すべての Wireless Testbench アプリケーションで任意のサンプルレートを選択し、5G、WLAN、DVB-S2 などのカスタムおよび標準ベースの信号を操作します。

シンプルな無線設定

SDR ハードウェア用の Wireless Testbench サポートパッケージをインストールすることで、無線テスト環境を迅速に設定します。無線設定ウィザードを使用して、SDR ハードウェアの接続と構成を行います。