サードパーティ製品/サービス

DYNA4

シミュレーションモデルの効率的なワークフローをサポートするオープンシミュレーションフレームワーク

ハイライト

  • Simulink® シミュレーションモデルから DYNA4 へシームレスに取り込み、モデル、データ、結果の簡単な管理が可能
  • PC上や、ハードウェアインザループ(HIL)環境でのテストドライブに仮想車両モデルを作成
  • モデルリポジトリにアクセスすることにより、車両モデルライブラリを拡張したり、ユーザーの要求に合わせて変更可能
  • オープンモデルコンセプトで設計されているため、幅広い様々なアプリケーションで利用可能
  • フレキシブルな DYNA4 フレームワークを既存の作業プロセスに適用
  • 既存のインフラ(自動テスト、MBSツール(シミュレーション解析ソフト)、バージョン管理システム等)との連携

説明

DYNA4 は自動車の ECU や部品の開発プロセスにおける Simulink モデルを効率的に管理するモジューラーソフトウェアです。Simulink シミュレーションモデルとのシームレスな連携が可能で、動作実績のある TESIS DYNAware のリアルタイムモデルライブラリを利用することが可能です。フレームワークは既存のワークプロセスに適用させることが可能で、ユーザの要求に合わせてカスタマイズすることもできます。特徴はモデル、モデルデータ、シミュレーション結果を含むシミュレーションプロジェクトの管理で、トレーサビリティと再現性を提供します。

DYNA4 モデルレポジトリは、使いやすいユーザインターフェースでシミュレーションモデルの管理とパラメータ化が可能です。ユーザのモデルに、モデルレポジトリをロードするか、DYNA4 Elements と呼ばれる TESIS DYNAware シミュレーションモデルを使用することも可能です。DYNA4 Elements は、ビークルダイナミクス、駆動系、油圧系、電装系、トラック、エンジンモデル、交通環境といった幅広いアプリケーションで保証された Simulink リファレンスモデルが含まれています。拡張的なSimulink バスへのトランスペアレントな信号の流れにより、MATLAB®/Simulink のオープンでモジューラーモデルアーキティクチャなSimulink モデルのユーザビリティを向上させます。DYNA4 は Simulink における制御機能のユーザ定義モデルの拡張や連携へのインタフェースを提供します。MATAB インタフェースへの連携もあり、自動シミュレーション制御、モデルパラメータ化、パラメータ変動、結果解析、レポート作成などによりシミュレーションの効率化を向上させます。

サポートされている開発エリアは、ビークルダイナミクスと駆動系コンセプト、エンジン開発と制御、先進的なパワートレーン開発とエネルギーマネージメント、車両の制御システム、ドライバーアシスタンスシステムです。

ネオリウム・テクノロジー

103-0023
東京都中央区 日本橋本町3-8-5
ヒューリック日本橋本町ビル3階
電話: +81 (0) 3 3661 2061
sales@neorium.co.jp
http://www.neorium.co.jp

必須製品

プラットフォーム

  • Windows

サポート

  • コンサルティング
  • 電子メール
  • FAX
  • オンサイト サポート
  • 電話
  • トレーニング

製品タイプ

  • データ解析ツール
  • モデリング、シミュレーション ツール

タスク

  • メカニクスおよび圧縮システム
  • プロセス制御およびモニタリング
  • リアルタイム システム
  • システム モデリング、シミュレーション
  • 熱力学
  • Mechanics and Compression Systems

産業分野

  • 自動車
  • コンシューマー エレクトロニクス