フィルターのクリア

クラスカルウォリス検定後の多重比較について

17 ビュー (過去 30 日間)
KH
KH 2021 年 1 月 28 日
回答済み: Takafumi 2021 年 2 月 10 日
クラスカルウォリス検定後の多重比較についてです。
MATLAB R2020b上のコマンドウインドウ上で下記コマンドでクラスカルウォリス検定を実施しました。
>>[p,tbl,stats] = kruskalwallis(A)
引数Aには、ノンパラメトリックな3群のデータが入っています。この検定結果が有意差ありとなりました。
p =
1.9623e-07
stats =
フィールドをもつ struct:
gnames: [3×1 char]
n: [40 40 40]
source: 'kruskalwallis'
meanranks: [77.5000 67.8250 36.1750]
sumt: 0
この後どの群と群の間に有意差があるかを見たいため、下記コマンドを実行しました。
このコマンドは何の多重検定を使用しているのでしょうか。
ノンパラメトリックな多重検定を”c = multcompare(stats)”このコマンドで実施して問題はないでしょうか。

回答 (1 件)

Takafumi
Takafumi 2021 年 2 月 10 日
multcompare関数での手法は、デフォルト設定でTukey-Kramerになっており、
ノンパラメトリック用のアルゴリズムは提供されていません。
ノンパラメトリックの多重比較にも対応できるDunnの方法が、File Exchange もあります。

カテゴリ

Help Center および File Exchange仮説検定 についてさらに検索

タグ

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!