MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この2日間のコースでは、RF Blockset™ および RF Toolbox™ を利用した、 無線フロントエンドのモデリングについて学びます。2つの異なるモデリングパラダイムを使用して、 RF信号のシミュレーションを高速化する方法(等価ベースバンドと回路エンベロープ)を学習します。 また、RFシステムのシミュレーション技術の基本を説明し、モデリングのベストプラクティスを習得します。

  • RF シミュレーションの基本
  • S パラメーターのインポートと線形素子のモデル化
  • ノイズ シミュレーションの基本
  • 非線形演算のモデル化
  • 調整可能なネットワークの構築とカスタム モデルの開発

1日目


RF Blockset とは 

目的: RF Blocksetとその用語にいて理解します。RF Blocksetでモデル化できるアプリケーションと、最適なRFシミュレーションのアプローチを確認します。

  • RF Blockset™ とは
  • RF Blockset の最も一般的なアプリケーション
  • RF Blockset が必要な理由
  • RF Blockset でできること

RF シミュレーションの基本 

目的: RF Bloclset で実現可能な等価ベースバンドおよび回路エンベロープシミュレーション手法の基礎を説明します。 RF Blockset でモデルを構築し、シミュレーションの準備を行い、シミュレーションを実行します。

  • 等価ベースバンド シミュレーション手法の基本
  • 回路エンベロープ シミュレーション手法の基本
  • RF Blockset™ モデルのビルド
  • 等価ベースバンドまたは回路エンベロープを使用する状況について

S-パラメーターのインポートと線形演算のモデル化 

目的: RF Blockset を使用して線形要素をモデル化します。 SパラメータをTouchstoneファイルとしてインポートし、周波数定義要素を使用して時間領域シミュレーションを実行します。 一部の受動的集中定数要素と分散要素について、回路エンベロープと等価ベースバンドのシミュレーション結果を比較します。 最後に、特定のアプリケーションに最適なシミュレーションテクノロジーについて洞察を得ます。

  • Touchstone ファイルのインポートと S パラメーターの操作
  • S パラメーターのモデル化での畳み込み手法の使用
  • S パラメーターのモデル化での有理近似手法の使用
  • S パラメーター シミュレーションの時間領域結果の検証

2日目


ノイズ シミュレーションの基本 

目的: ミキサーの効果を考慮しながら、無線通信システムのノイズシミュレーションを実行します。 熱ノイズのモデリング、ノイズリンクバジェットの検証、および任意の位相マスクを使用した位相ノイズを含めるためのベストプラクティスを学びます。

  • 等価ベースバンドを使用した熱ノイズおよび位相ノイズのモデル化
  • 回路エンベロープを使用した熱ノイズおよび位相ノイズのモデル

非線形演算のモデル化

目的: アンプとミキサーに焦点を合わせて、RF Blockset の非線形コンポーネントをシミュレートします。 非線形特性の影響を検証します。スペクトルのリグロース、飽和、干渉のベストプラクティスを学びます。

  • 等価ベースバンドでの非線形効果のモデル化
  • 回路エンベロープでの非線形効果のモデル化
  • メモリ効果を含む非線形モデルの近似
  • 非線形マルチキャリア シミュレーションの理解

調整可能なネットワークの構築とカスタム モデルの開発 

目的: Simscape言語でRF Blockset Circuit Envelopeモデルを構築し、Simulinkモデルに組み込みます。

  • 調整可能な RF ネットワークの構築
  • Simscape™ 言語の基本
  • 回路エンベロープによるカスタム モデルのシミュレーション

レベル: 中級

必要条件:

Simulink による信号処理コースを受講された方、または同等の知識を有する方。 RF技術の基礎知識をお持ちの方。

期間: 2 日間

言語: English

スケジュールを確認して登録する