MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この1日コースでは、データ解析アプリケーション用のデータインポートおよび整理を行う方法を取り上げます。 なお、このコースは複数のソースから得られたデータの可視化や解析、それらの自動化を行うデータアナリストや データサイエンティストを対象としています。

  • データのインポート
  • データの処理
  • 可視化のカスタマイズ
  • 不規則なデータの扱い

1 日目


データのインポート

目的: データ型、デリミタ、ヘッダが混在する不規則な書式のテキストファイルを読み込む方法について学びます。

  • データストアによるデータのインポート
  • 読み取る変数および型の指定
  • 複数のソースからのデータのインポートとマージ

データの処理

目的: インポートした raw データの一部を抽出、処理、集積、およびカウントを行う方法について学びます。

  • カテゴリの扱い
  • 欠損データの扱い
  • データの離散化とグループ化
  • グループ化したデータの集積

可視化のカスタマイズ

目的: 可視化されたプロットを独自にカスタマイズする方法について学びます。

  • グラフィックス オブジェクトとプロパティ
  • グラフィックス オブジェクトへのアクセス
  • グラフィックス プロパティの変更

不規則なデータの扱い

目的: 不規則なデータを含むテキストファイルをインポートし散布データを可視化する方法について学びます。

  • データ形式を決定するためのファイル解析
  • データのブロックのインポート
  • セル配列からのデータ抽出
  • 散布データの内挿と可視化

レベル: 中級

必要条件:

期間: 1 日

言語: English, 한국어

スケジュールを確認して登録する