最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

時間的オートメーション アルゴリズム

ビデオ ラベラーおよびグラウンド トゥルース ラベラー (Automated Driving System Toolbox™ が必要) アプリを使用すると、データに自動でラベルを付けるカスタムのオートメーション アルゴリズムを作成してインポートできます。オートメーション アルゴリズムは、時間に依存させないことも、時間に依存させることもできます。非時間依存 (非時間的) アルゴリズムは、独立して各タイム スタンプ (またはイメージ) を処理できます。たとえば、組み込みの人物検出器などの検出アルゴリズムは、時間に依存しないアルゴリズムです。時間依存 (時間的) アルゴリズムの場合、実行のタイム スタンプへの依存関係があります。たとえば、時間的な組み込みのポイント トラッカーなどの追跡アルゴリズムは、前のタイム スタンプの追跡を使用して、現在のタイム スタンプのオブジェクトを追跡します。

クラスの継承

アルゴリズムが時間ベースの場合、vision.labeler.AutomationAlgorithm および vision.labeler.mixin.Temporal クラスを継承しなければなりません。以下に例を示します。

classdef MyCustomTemporalAlg < vision.labeler.AutomationAlgorithm && vision.labeler.mixin.Temporal

アルゴリズムが時間に依存しない場合、継承が必要なのは vision.labeler.AutomationAlgorithm クラスだけです。以下に例を示します。

classdef MyCustomNonTemporalAlg < vision.labeler.AutomationAlgorithm

時間的プロパティの有効化

時間的 mixin クラスを継承すると、StartTimeCurrentTimeEndTime などのプロパティにアクセスして、時間ベースのアルゴリズムを設計できるようになります。詳細については、vision.labeler.mixin.Temporal インターフェイスを参照してください。

グラウンド トゥルース ラベラーで使用する時間的オートメーション アルゴリズムの作成

ビデオ ラベラーグラウンド トゥルース ラベラー アプリだけが、時間的オートメーション アルゴリズムと非時間的オートメーション アルゴリズムの両方をサポートしています。イメージ ラベラー アプリは、非時間的オートメーション アプリのみをサポートしています。

グラウンド トゥルース ラベラーで使用する時間的オートメーション アルゴリズムを作成するには、MATLAB® コマンド プロンプトに「groundTruthLabeler」と入力してアプリを開きます。[アルゴリズムの選択][アルゴリズムの追加][アルゴリズムの新規作成] をクリックしてテンプレートを開きます。

参考

アプリ

関数

関連するトピック